FC2ブログ
2019/05/12

近況報告② 英語 小6

いまや英語は完全にwebレッスン任せです。
会社は2社使用しています。だいたい週3回になるように調整しています。
①担任制固定枠週2回(フィリピン人講師・2回とも同じ先生)
②都度予約制(ネイティブ月1回・フィリピン人月4回・日本人講師月3回)

*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*
ここ半年くらい割とお世話になっている②の会社は、ポイント制の都度予約制。今年で3年目?4年目に突入する「固定枠&担任制」を卒業する勇気がないので、費用を調整しやすいようにポイント制・都度予約の会社を「資格試験対策」の為に利用しています。今の会社を選んだ理由は下記の2点。

Ⅰ. 講師の選択肢の幅が広いこと
(フィリピン人講師・日本人講師・英米、他のネイティブ講師)

Ⅱ. 価格の選択肢が広い(約300円/25分~1000円/25分)
大前提として、フィリピン人講師の単価がお安く、米英人ネイティブ講師の単価が高い。日本人講師はその中間に位置します。その他に、先生ごとのキャリやスキルで価格が変動していきます。

この会社ではどの先生にも英検準2過去問テキストを使用しての授業をお願いしています。テキストは定番【旺文社の過去問】。主担当は日本人のA先生と勝手に決めて、フィリピン人講師と日本人講師の先生を交互に受講しています。

①予習(過去問の大問1つ分くらい解いておく)

②日本人講師を予約
(決まった先生を週1ペースで取れる時に予約します。
 予約合戦にならない先生をチョイス)

③日本人講師のレッスン後、同じ問題ををフィリピン人講師で復習します。先生へは音読練習を依頼します。音読だけなので、どの先生でも対応可能。(なるべく同じ先生で予約を取るようにしています)キャリアの長い先生は、送信した教材をみて、英検の過去問テキストだとわかるようなので、こちらからアレコレ依頼をしなくても【音読+英検対策】となるような授業をしてくださいます。復習は息子の理解度に応じて同じ箇所を2度、3度と繰り返すこともあります。

日本人の先生に丁寧な解説アリの授業後、フィリピン人の先生で何度も復習。日本人先生に宿題として音読練習をだされるのですが、私がチェックするのが面倒だったので、単価が200円の先生に丸投げしたのが事の始まりだったのですが、これが良い感じで回っています。

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント