FC2ブログ
2018/06/11

飼いネコとお別れ

今年19歳になる我が家の愛猫が永眠しました。

全盛期に比べるとだいぶ衰えていましたが、年の割には元気な子で、最近でもロフトに上がったり、見せ天井の梁の上上を散歩したりと高齢な割にアクティブ派。健康診断以外は病院にお世話になることがない丈夫な子でした。

亡くなる4日前位から立ち上がるのもおぼつかない足取りになってきたので病院へ連れて行くと、あと2-3日で老衰する。と獣医さんに宣言されました。体が楽になるように点滴をしてもらい帰宅。普段から猫にかかわっている親戚を呼び寄せました。

最期は大人に対しては全員の顔を確認する程度の挨拶でしたが、息子のことは長い間みつめていました。息子が生まれる前から家にいて、お姉さん的存在だったので息子の事が色々と心配だったのかもしれません。

高齢だったので、いつお迎えがきてもおかしくなく、ある程度の心の準備は15才を超えたあたりからしていたつもりだったのですが、結構つらいです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

ご無沙汰しています。
ネコちゃん、masyaままさんご家族に愛され、最後にちゃんとご挨拶もできてとっても幸せだったと思います。我が家も冬に愛犬を見送りましたので、記事を拝見してじんわりきてます…
長く一緒に過ごされた家族ですから、お辛いでしょう。息子さん体調崩されたりしてませんか?ご自愛くださいね。

暖かいお言葉、ありがとうございます

暖かいお言葉、ありがとうございます。
心に沁みます。

リツコさんのワンちゃんもお見送りしたばかりなんですね。
ご家族皆様でとっても大事になさっていたワンちゃんなので、お辛かったと思います。

息子は猫が亡くなったのが信じられないという感じで、火葬の際には号泣でした。
うちは手元供養なので、息子が毎日ご飯をあげています。