2017/04/30

塾は...通っているけど.....  (小4)

外部模試はこの半年で2回ほど受験。成績は横這い。つまり通塾前と変化なし。

しかしながら、学習のペース作りには良い機会にはなってます。塾では国語しか授業は取ってませんが、算数・理科・社会もテキストは購入させてもらい、算数は塾の進度と同じペース。理科・社会は学校の進度に合わせて自宅学習。

塾のお友達はほとんどが「算国」両方受講していて、理社も自宅でそれなりに勉強しているのを息子も知っていて、それと同じくらいは勉強しなければいけない、とも思ってもいるようで、算・理・社も塾のテキストは渋々ながら嫌がらず取り組んでくれます。

つまり 「学校の宿題+塾のテキスト」はキチンと履修しなければいけない。という認識が息子に芽生えた事が、通塾させて良かった点かつ、通塾を継続させている理由。

さらに言えば、塾(進学塾)で息子と同じクラスの他の生徒さんは

・真面目
・穏やか
・外遊びよりも読書派
・勉強するのが楽しい&喜び

イヤイヤ勉強している&親に言われて仕方なく通塾させられているというお子さんがおらず、勉強に対して前向きなお子さん達ばかり。息子はソコにかなり衝撃を受けたようです。息子の通う学校は勉強に関してはおおらかというか、のんびりした校風なので、他校はチョット違うというのを感じたらしい。

それに加えて、学校の小テストや単元テストが、じわりじわりと上がってきていて、息子は「塾に通っているから学校のテストでいい点が取れている!!」と思っているらしく通塾には前向き。この勉強に対する前向き意欲が通塾によりキープできるなら成績は長い目でみて、後からついてきてくれればいいかなと思っています。

息子の場合は、こんな感じのボンヤリとした通塾です

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

いつも訪問くださってありがとうございます。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

塾のお友達からとてもいい影響をもらっているんですね!いい環境です。
ウチの娘は、通信教材に身が入らないときに、「自分ばっかりこんなにたくさん勉強させられている!」ということを言います。学校の友達も塾やら通信やらいろいろやってるんですけどねー。実際に見てみないと分からないのかしら。。

ものぐさハハさん

>「自分ばっかりこんなにたくさん勉強させられている!」

息子も言ってましたね。
見えない部分を知るって大人も難しいので子供はなおさらですよね!!