FC2ブログ
2015/06/24

子供がヤゴを学校から持ち帰りました (小2)

学校のプールにいるヤゴを採取する。という話はプリント経由で知っていました。しかし、自宅に持ち帰るとはプリントには書いていませんでした。親たちはヤゴは学校で飼うのだと思っていました。

ヤゴを持ち帰った後の親たちの慌てぶり(メール等)

ヤゴ何食べるの?

生きたミミズとかアカムシ(蚊の幼虫)だって

ゲゲー!気持ち悪い~

生きた餌って何処で売ってるの?

自然に還してもいいよね。育てるの義務なの?

そんな感じです。結局、高学年の男の子をお持ちのお宅が色々教えてくれました。冷凍や乾燥の餌でも大丈夫だが食いつきが悪いこと。生きているように見せかけて(食いつくまでヤゴに見える位置で箸などでつまんでユラユラ揺らす)与えないといけないのでテクニックが必要な事。などなど。餌もそのご家庭が購入した生きたアカムシを分けてもらいました。アカムシ生きたまま保存って気持ち悪い~!!!

アカムシはタッパに水をはり入れて(うちは2重の厳戒態勢)冷蔵庫の野菜室で保管。暖かいところに置いておくと育って蚊になってしまうから水はすぐに汚れてしまうので、2日に一度交換。餌の癖に手のかかる奴らです

実はヤゴは子供が持ち帰ってきて、すぐに死んでしまいました。

「残念だね、自然の生き物を家で育てるのは難しいんだよ。」

そう、子供を説得して学校へ行かせると........

新たなヤゴ(2cm程)を持参して帰宅しました。

なぜ? 



と言う訳で、いま、家にいるのは2匹目のヤゴ。
皆さんのお子さんもヤゴを持ち帰ってきましたか?
育ててらっしゃいますか?

うちのヤゴは1日アカムシ1匹のペースで餌をあげています。
皆さんのお宅のヤゴは1日どれくらい餌を食べますか?

ウチにやってきたヤゴは臆病でアカムシを投入してもすぐには食いつかず、暫く様子をみて、落ち着いてから食べているようです。「ようです」というのは、明るくしていると食べないので、食べているところを見る事が出来ず(-_-;)全く観察できない!!!!箸でアカムシをつまんでヤゴの近くまで差し出すも、すごくビビって逃げまどい。(あげ方が下手なのかしら?)

最初は箸から食べたのですが、一度、アカムシの反撃にあい、くわえたものの、暴れたアカムシにベシベシされ放してしまった(吐き出した?)という経験がいけなかったのでしょうか?それいらい、箸が見えても逃げまどいます。しょうがないので、ただただ、生きたアカムシを水槽に投入。それを遠巻きにジッと見つめるヤゴ。翌朝、水槽をのぞくとアカムシがいないので食べていると判断。数時間たってから食べるので水の汚れが早く2日に1回ペースで水を変えています。水は水道水を1日置いたもの。

皆さんのお宅のヤゴは餌や水替え、どんな感じですか?脱皮とかしました?
うちは、まだ脱皮もしていないので、どんな様子かコメント頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

いつも訪問くださってありがとうございます。
☆カテゴリー欄を整理中の為只今閉じております 整うまで暫くお待ち下さい☆
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント