2012/06/24

こどもの教育に掛ける費用 (4歳半)

私の周囲には早期英語教育を取り入れているリアル知人・友人が2組います。1人は結婚前からの友人なのでそれなりに親しいです。(リアル知人・友人には基本的にブログをしている事は話してません)

最近、英語をされている親子が集まって、子供同士で英語で遊ばせつつ、親同士は情報交換を兼ねつつ雑談&歓談というグループがありますよね。でも、私の友人・知人はそういったものに一切興味を示しません。

彼女達と私達の方針の違いは恐らく、絶対的な結果を求めるか否か。

例えば、子供の英語にいくらか費用が掛るとしますよね、我が家の場合は親子英語は私の趣味の延長なので親のおこずかいの範囲内から捻出し、その代り絶対的な結果を求めてないのですが、彼女達の場合はとにかく、結果がでるなら金額はいとわないが絶対的な結果を求めています。

ですので、子供の英語に興味がある親同士で集まっの情報交換に関心がなく、外国人そのものでもハーフでも帰国子女でもない「純国産日本人の子供同士が集まって英語で遊ぶ」と言う効果が立証されていない事にも関心がありません。時間なり費用なりをかけるなら絶対的なものにのみ掛ける。一貫かつ徹底してます。

彼女達の目標は「完全バイリンガル。」目標というか、すでに絶対条件。そうなるように育て上げなければならないという使命感に溢れてます。私の目標は「英語がペラペラになってくれたらいいなぁ」という目標というよりは願望。

通わせているスクールや、長期休暇に参加しているスクールなど(私よくはは知りませんが)すごく人気で競争率が高いそうで。そして、お月謝というか費用は私からすれば「目玉が飛び出る程」です。お子さんたちは、年齢相応に英語ラペラです。

それほど高額なのに、競争率が激しいということは、早期英語教育なんてしている人は少ないなぁ、なんて勝手に思ってますが「ある程度手間や費用がかかったとしても本気で子供にキチンとした英語を身について欲しい。」というご家庭が世の中には沢山いるということなんだなと改めて思います。彼女達がこのブログ界を(きっと)知らないように、私の知らない子供英語の別世界もまたあるのだろうと。

ちなみに、我が家流の英語育児の取り組み情報は彼女達にとっては全く無駄な情報のようです。もともと友人なので近況報告の延長で子供の英語の話しもチラリとはするのですが、彼女たちなりの現在の方針に迷いが無いようでコチラの取組み具合や様子にはあまり興味がない様子。通っているスクール(週2-3日)は宿題や家庭での取り組みに関するケアも万全のようで、それ以上の情報は要らないみたいです。英語でのお友達も、週数回スクールでお友達と一緒に学んでいる訳ですし、別枠で、それ以上の輪を広げる必要もないみたいです。

会うたびに英会話教室の体験レッスンの話をされるので、常に今よりより良い教室・スクールはアンテナをはって探しているそうです。親切心でよくアドバイスされるのは「子供の教育にお金を惜しんではいけない。」これは義母にも再三言われています。

まぁ。うちはうちなりの最大限かけられるだけの費用をかけているつもりで、現状がこのブログの通りでして。友人にも「ウチなりに最大限子供には手間暇・お金もかけてるつもり。」とはお話してます。

なんというか、同じ志をもって子供に英語を身につけさせたいと思っていて、お互いにそれを知っていますが、方針(具体的には資金力なんだけどね)の違いがありすぎて、英語での接点はあまりなし(笑)

もともと、子供抜きの友人達なので、たま~に会うと、やはり子供の話しより大人の話題が多くなります。専業主婦になると、子供抜きの友人なんて皆無に等しくなってしまうので特にそう。

若い頃はよく一緒に食事したり、遊びに行ったりして、経済感覚も日常的な趣味嗜好も合っていると感じていましたが、結婚・出産により会える回数もかなり減り、時間が経つごとに価値観もだんだん違ってきた気がします。結婚によってだいぶ生活環境に違いがでるのだと実感させられる今日この頃。

☆☆☆☆☆☆☆

追記です

コメントのお返事をする前ですが、スイマセン。
記事の内容が誤解を招く表現になっていたので書き足します。

知人&友人は家庭での語りかけや他の取り組みもしています。
ORTや私の知らないリーダーブックも使用しているようでした。
スクールによっては多数揃っていて、貸し出しもしてくれるそうです。
家庭でできることをした上で、さらにスクールなり教材なりに費用を惜しまずといった印象です。


↓励みになります!
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

なかなか興味深いお話ですね。この英語育児ブログでもかなりみなさん頑張っていらっしゃるし、結果も出ているなぁって思うのですが、さらにその上がいるとは!!!

その方たちはスクールに通うだけじゃなく、語りかけなどもしているんですかね?英語の発話があるお子さんが周りにいない、自分たちに合うスクールがないって良く話を聞きますが、実はたくさんあるのでしょうか。。。

面白いですね~。

No title

はじめまして。
ときどきおじゃましています。

おっしゃること、すごくよ~く分かります。
子供達の通うスクールの方達は、裕福なご家庭が多くお金に糸目をつけない感じです。
お家で親子英語なんて邪道!と思われているのかな・・・^^;


No title

そのお友達さんのお子さんたちはおいくつなんでしょう。

唯一効果が立証されている「バイリンガルになる方法」ってインターナショナルスクールに小学校~高校まで入れる、というパターンだけじゃないかと思います。

通っていた子どもたちがそこそこ喋れるようになった、という程度のスクールならあるでしょうけど…。

それとも、私が知らないだけで、週2、3回で完全バイリンガルにしてくれる神業のようなスクールがあるのかも?

国際結婚の家庭でなかなかバイリンガルにならない、という事例報告を結構見ているので、つい懐疑的になっちゃいます。

まあ、お金がなければ考えてもしかたない。できることをやるしかないのかな、と思います。

No title

なるほど~。
うちはたぶん、お金かけてないほうだろうな。
一番上が小さいときに多少ドカンと教材買ったぐらいで、後はリアルな学校も行ってなかったし、絵本やDVDを細々買うぐらいで^^;
今はWebレッスンに月5000円、本に2000円ぐらいかな??

絶対的なバイリンガルっていう定義も、人によって違いそうですが、私は自分が言いたいことをそれなりに伝えられるぐらいの英語力がつけばいいな~と思ってます。
小さいときはそんなこと全く思ってなかったけど、少し話せるようになると欲が出ますね^^;

今は日本語との差が大きくなっていってる気がするので、どうにか少しでも英語が伸びればな~と思ってます。
ただお金はかけられないので、自宅でどこまで出来るのか、手探りですが^^;

コメントありがとうございます

シオママ さん

知人・友人はご家庭で絵本の読み聞かせ・ワーク・語りかけもされています。

スクールの方はすいません詳しくは聞いてません。
住まいが我が家とは離れているし(家からは通えない)
月謝が月3万以上と聞いた時点で興味が失せました。
ウチには絶対無理な金額なので(笑)

☆☆☆☆☆☆☆

まやや さん

訪問ありがとうございます。
共感いただけて本当に嬉しいです。

教育費に関しては、糸目を付けずに出せる環境にあるご家庭を素直に羨ましいと思います。

お金をかければ身につくというものでもないのでしょうが、
上手く使えていれば、ないよりはあった方が有利ですもの(爆)

☆☆☆☆☆☆☆

なおぱぱ さん

お子さんは年長さんです。

幼稚園児なので宿題とは意味合いが違うのでしょうが
お教室によっては家庭での取り組みもなかば強制のような話をしてました。
結構な内容と言うかボリュームでそれが大変だ。と話していた記憶があります。

☆☆☆☆☆☆☆☆

りゅうママ さん

家の場合は、webレッスンに2500円・絵本やDVDが月平均ですと3000円くらい?
アレ?思っていた以上にかけてますね(-_-;)

〉今は日本語との差が大きくなっていってる気がするので、どうにか少しでも英語が伸びればな~と思ってます。

うちなんて、日本語との差なんて歴然です。
それを気にしていたら、英語育児なんて続けられないくらいすごい差で(-_-;)
お金があればなぁと思う事は人生でよく感じることでしたが、子供ができてより身に沁みます(笑)

>ただお金はかけられないので、自宅でどこまで出来るのか、手探りですが^^;

まったく同感です。りゅうママさん宅の方法も是非、参考にさせて下さい。

トラックバック

まとめtyaiました【こどもの教育に掛ける費用】

私の周囲には早期英語教育を取り入れているリアル知人・友人が2組います。1人は結婚前からの友人なのでそれなりに親しいです。(リアル知人・友人には基本的にブログをしている事は話してません)最近、英語をされている親子が集まって、子供同士で英語で遊ばせつつ、親同...