FC2ブログ
2010/06/27

2歳児と一緒に古都!鎌倉☆彡 ②

江ノ電に次ぐmasyaのhitは長谷寺。下手な公園よりも、子供受けはいいと思います。多彩な植物&花に庭園。それに池や庭の造形美。そして、お寺の歴史と仏像など。全体的におごそかな雰囲気も感受性の強い幼児期にはしっかりと伝わるようです。

長谷寺といえば!!「十一面観音菩薩」とにかく大きい。何メートルくらいなんだろう?
頭のうえにさらに頭が沢山あります。(「頭上に十一の顔があり全ての方向を見つめて人々を救済します。」という意味もあるらしい。正確にはも~と深い意味があるのだが、masyaに説明するにはそれだけでも過ぎるくらい)

masyaはとにかくその場のおごそかな雰囲気とその大きさと今までの常識外の造形美(頭の上に頭がいっぱいある)等など多数の衝撃で少々ビビり気味。

「あれは菩薩様。怖くないんだよ。みんなの事を救ってくれるお方なの。お顔をよ~く見てみて。やさしいお顔でしょ。」

と説明すると、masyaは菩薩様をまじまじと見て、「やちゃちい。」とつぶやく。そして、当然、菩薩様の頭の上にさらに頭というか顔があることが気になる。

「あれ何?あれ何?」とmasya

「全部の人を一度に見れるようにお顔が沢山あるんだよ。だから、隠れて悪いことをしてもちゃんと見えてるからね。もちろんmasyaがイイ子にしてたら、それもちゃんと見ててくれてるからね。」

イヤイヤ期がピークに達しているmasyaに釘を刺すのを忘れない母(私)なのでした。内容が難しいかなぁと思いきや、理解している様子。

拝観する際には、お手手をパチンとして観音様に一言「イイ子にしてます!!」とアピールしておりました。

あじさいの道へ向かう途中に、邪気(天邪鬼)を踏みつけている四天王の一体を発見。masyaは「この子なんで踏まれてるの~」とはまだ上手に喋れませんが、そのような事を聞いてきたので、「いたずらばかりしているからよ。ママもmasyaがオイタ(イタズラ)したら、おじさん(四天王)にお願いして、masyaを踏み踏みしてもらおうかしら?」と言うと、「No---way-------!!!!!masya、イイ子。イラナイ!!」と本気で怯えておりました。

その横には、菩薩様の実寸大の足形がありました。当然「コレナニ?コレナニ?」と質問してくるので、「菩薩様の足よ。大きいね~。」とmasyaの靴を脱がせて隣に並べて見せました。すると「乗る!乗る!」と自分の足で直接大きさを比べっこをしたがったので困りました。

あじさいの坂を上る前に、一休み。休憩所でアイスを購入。休憩所は高台から海を一望でき絶景。その日はちょうど外国人観光客のツアーが来ていたらしく、周囲の殆どが外人さん。またもや、いたずら心で、「masyaこんにちはして来て。」と外国人の輪の中にmasyaを放り込みました。

「ハロー!!」とmasya。すると「チャオー」と帰ってきました。。。。どうやら、イタリア人だったらしいです。外国人観光客ご一行にmasyaは大人気。(愛想がいいので)、イタリア語だったのでわからないのですが、「坊やの写真取っていいですか?」的な事を聞かれたので、「ドウゾドウゾ。」と言うと。私も一緒にバシバシ撮られしまいました。ぐぐっ。完全無欠のすっぴンなのに。。。お返しに絶景をバックに皆さまの写真を撮って差し上げました。とても大喜びでmasyaにキャンディーをくれました。ぐぐぅ。Masyaにチョコと飴はまだ解禁前なのにぃ。ご厚意なのでお受けして、その場でmasyaに飴ちゃんを食べさせてお礼を言いました。(食べ終えた後はその場で奥歯をグリグリ歯磨きしました。)

会話はできなくても外国の方に触れて楽しいと思うことがmasyaにとってはいい刺激だったと思います。国内で外国の方に会いたいと思うなら、実は「和」のスポットに行くとい良いです。結構、お茶とかお花とか合気道とか空手とかを習っている外国人は多いものです。ただし、質問攻めにされるので要注意。日本人なのに日本の事を答えられないとかなりがっかりされます。

あじさいは説明の余地なしでしょう。時期がビンゴ!!ただし、階段を登って降りてがキツイ。なにせ子供連れなんで。危ないのでおんぶで1周。そのあとはmasyaが自分で歩くというので、masyaに歩かせてもう1周。そして、さらにmasyaからの熱いアンコールで登りをmasyaが歩いて、下りがおんぶでもう1周。ワタシ、フトモモがパンパンです。5時を過ぎて、そろそろ閉庭(?)の時間ですから出てください~のアナウンスがかかり、敷地を出ようとするとmasya号泣「マダいる~まだイル~。」とmasya。。。。寺から帰りたくない2歳児ってどうよ((+_+))仕方がないのでおんぶをするとそのまま昼寝までされて(涙)死ぬ思いで帰路に着きました。

寺&神社系は祀られている対象のみならず、庭園なども丁寧に管理されていて、目に入るものすべてに縁というか由来というか意味があるので「なんで・なんで」期の子供を連れていくには結構いいかもしれません。母が都合の良いように教訓に結びつけやすいので(爆)

子供連れオススメ古都!鎌倉☆彡ですが、山坂がある場所が多いので、ベビーカーがないと連れて歩けないというご家庭には不向きです。だっこおんぶに自信があるか、子供がある程度自力で歩ける位になってからをオススメします。我が家は今回は私一人では自信がなかったので義母に手伝ってもらい「子連れで古都!鎌倉~女子供編~」にチャレンジしました。

↓励みになります!
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

育児ブログ・ランキング【年齢別に人気ブログが探せる】
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

そんな交流の仕方もあるんですね~

観光客の方たちと!
これこそまさに本当の異文化交流ですね!
わが家もご近所のお寺や城に外国人観光客いますが、人見知りな娘は、輪に入っていくなんて無理だろうなあ^^;
親子で近所のお寺をウロウロしてみようかな(笑)

息子さん動じず、「ハロー!」って言えるなんて~
英語でコミュニケーションの資質、ばっちりですね^^

Re: 鎌倉散策お疲れさまでした

amyさん、こんにちは~!

江ノ島に湘南モノレールの駅があり大船までいくことができるとは知りませんでした。江ノ島水族館もつれて行きたいと思っていたので、その時は帰路はモノレールで大船まで行ってみます!!やはり、江ノ電は男の子には鉄板です!

英語ペラペラまま&パパでないと英語育児をしていると、「これなんていうんだっけ?」ってこと山ほどありますよね。英会話教室は山ほどあれど、子供向けの日常会話を教えてくれるところは少ないですもんね(笑)我が家もそこらへんは大変苦労しています&恐らく適当に文法的には間違った英語を私は話しています。まぁ。(ウチは)英語に慣れ親しんでもらうのが目的なんで、間違ったところは小学生くらいになってから、英会話教室にでも通わせて、中学生になるころまでに先生にちょっとずつ矯正してもらおうかなぁなんて甘い考えを持っています\(◎o◎)/!

Re: そんな交流の仕方もあるんですね~

cotton さん

女の子は恥ずかしがり屋さんも多いですもんね。かわいい☆彡

外国人観光客は本当に陽気な方が多いし、記念の1頁に現地の子供と一緒に写真が取れたりすると喜ぶ方も多いみたいです。機会があれば是非是非!オススメです。

masyaは最近、私以外の人から英語(外国語)で話しかけられると大喜びなんです。英語を使いたいのかしら?予算の関係で英会話教室などは難しいのですが、本人の気が変わらないうちになんとか手を打ちたいなぁと思ってます。でも今回みたいに、ちょっと英語で挨拶してもらうだけでも彼のモチベーションをあげるには十分上がるみたいなんですよね。

masyaなりに英語を理解しようと今まで頑張ってたんだなぁと感じました。

すごすぎる!

あはははは(>▽<)/

放り込むって…!!
ママのそういう雰囲気って、子供にも伝わるんですね!
臆することなく「ハロー!」と入っていくmasyaくんの天真爛漫さが可愛いです!
お返事が「チャオ」だったのもお茶目な結果でしたね(^^;)

私自身、外国語は好きなのに、外国の方がいるとかなり身構えちゃうんです。
なので、娘には是非、masyaくんみたいに、外国の方でも物怖じすることなく「普通に」接することのできるようになってほしい。

でも、そのためにはまずワタシから、ですよね。
masyaままさんのバイタリティを見習わねばっ!

Re: すごすぎる!

Cassis 様

masyaには英語を楽しむのと同様に、自分と違う言語・文化の人達とも
楽しい時間をすごせるような人間になって欲しいと思っています。

masyaは現在2歳半。まだ羞恥心というものがないので、
今のうちに免疫つけてもらおうかなぁなんて。(爆)

バイタリティって程のもんでもないんですが。。。
どちらかというと先の事を考えない無鉄砲なんです。