2016/11/02

塾に通い始めて ②

塾では自分以外の全員が「宿題・提出物・授業態度」どれもしっかりしている。ということを知り、息子はかなり衝撃を受けていました。塾に通い始めてやっと「宿題・提出物は誰に注意されなくても自ら速やかにするのが当たり前。」という認識を持ってもらえました。

さて、肝心の息子サイドの通塾への感想は「授業に関しては、塾は学校よりも楽しい!!続けたい」そうです。

・先生が物知り(質問になんでも答えてくれる)
・先生が褒めてくれる(自分をキチンと見てくれている)

先生は悪い所は根気よく注意してくれて、良いところも見逃さずによく褒めてくれる。息子としては、先生が自分をしっかり見ていてくれているのが嬉しそうです。学校だと、1クラス40人だからね(;^_^A

先生は授業前後に子供のノートやテキストをよく見てくれて、息子には、漢字のトメ・ハネ・ハライ、時には平仮名にも赤ペン(添削)が入っています。この赤ペン指導のおかげで漢字で「テストでなぜ×にされるのか」が息子にも解りやすく、文字が下手ながらも、丁寧にツボを押さえれば◎がもらえる事を理解したようです。ちなみに先生の文字に関する採点基準はかなり厳しいです。

字が汚くてテストで×。この状態を高学年になる前に何とかしたい!!というのが塾へ入れる理由の一つ(ハードル低いです(;´・ω・)でもあったので、さっそく効果がでてくれてありがたい。これが継続できるかどうかが今後の課題ですね。塾へ通う目的が勉強以前の事を学ぶ為になっている息子。学習習慣が家庭でキチンとつかないまま3年生になってしまうとホント大変です。

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

いつも訪問くださってありがとうございます。
スポンサーサイト