2014/10/07

英語育児?幼児英語?をしていて良かったと思う事

それは結果的に、民放(TV)を見ないで済んでいる事。そしてCMも見ていない。
(私が良かったなぁと感じるだけです)

まず(本編をみていないので)キャラクターものの玩具を欲しがらない。子供番組は本編に加えて関連おもちゃのCM攻勢がすごいですもんね。そして、良い子のお友達には見て欲しくない番組の存在を知られずにすむ。(番組宣伝のCMをみていないから)

「もともとテレビはなるべく見せたくない」と思ってました。でも、なにも見せずにやり過ごせない現実があり。どうせなら英語のものを見せようということで見せ始めた英語のDVDやテレビ番組。

大変だったのは日本語の番組を見せると当然そちらの方を見たがりますから「日本語で放送されている普通の番組を見せない事」。当時、2歳だった子供には「うちのテレビは日本語が話せない。」と説明したため、子供がいる前では親もテレビは見ませんでした。ニュースも天気予報も。私も夫もドラマ大好き人間だったのでこの方針は慣れるまでとてもつらかった。でも、振り返ってみると、子供の前で親が娯楽のためのテレビ番組を見ていないのは英語は抜きにして、教育上も良かったと思います。

テレビが子供に与える影響って大きいみたいです。良くも悪くもです。とても便利で手軽な道具ですから、どの程度どのように利用するかは、やはり程度問題だと思います。うちみたいに、ニュースも天気予報もテレビでは見ないは極端すぎ。

最近は、いくつか、日本語でもテレビを見せるようになってきました。

・笑点
・サザエさん(時々見る)
・ちびまる子ちゃん(時々見る)
・妖怪ウォッチ(毎週見る)
(ドラえもんとポケモンは子供の興味をひかないらしく、見たいとは言ってきません。)

現在、民放はすべて録画して後日みせてます。リアルタイムで見る事は滅多にありません。これは、生活サイクルと見たい番組の時間帯の都合ですが、結果的にこれも幸いしています。リアルタイムでテレビを見せると、切れ間がなく延々と番組が続くので子供はそのまま引きずられ、テレビから引きはがすのが少々厄介。録画したものですと、録画分が終わると一旦画面が切れるので子供がテレビから離れるタイミングがつかいみやすいです。CM部分は子供に見せる前にカットできるのが嬉しい。

ゲームもテレビも、ある程度の時間で一旦は引き剥がさないと、子供はそっちの世界にドンドンのめり込んでいくようです。傍で見ていてソノのめり込み具合が怖い!!年齢が上がって興味の幅も広がれば次第にみたい番組も増えると思いますし、いつまでも親がコントロールできないでしょう。その時期が少しでも先延ばしできるようにしたい。その時までに、子供自身で質(視聴する番組)量(視聴時間)のバランスをうまく取ってTVとお付き合いできるようになって欲しい。

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
スポンサーサイト