FC2ブログ
2014/08/12

スイミング 再び?

今週はパートがお盆休みなので連投♪

スイミングは幼稚園を卒園と同時に競泳コースを目指すクラスを抜け、同時にスクールも近所のスクールへ変えました。幼稚園時代は週3-4回の練習だったのを現在は週1。スクールを変えたので、クロールを習うクラスから再スタート。

今までは選手を育てる目的のクラスにいたため、どうしても指導は平等ではなく「見込がある子供」中心で、息子のような「見込み薄」な子供は指導を後回しにされていて(殆ど放置されていた)練習量は半端ないけど、泳法の基礎はまったく身についてない状態での再スタートでした。本当に基礎の基礎も身についていなかったのに練習量だけはこなしていたのでむしろ、頑固についていた悪い癖が抜けず......なかなか進級できない息子。

しかしながら、以前のように「いつまでに○秒を切らないとこのコースには残れない」という縛りもないのだから焦る必要はない。選手を目指しているのではなく、体力を付ける為&趣味として継続していこうと息子と話しあって決めたのでこれでいいといえばこれでもいい。今のペースで自分(送迎する親)にも子供自身にも大きな負担ではないので、このまま継続して辿りついた先の結果で満足すればいい。

そう思える心おだやかな日々を送っていました。そんな中、夏休みに入って通常の練習のほかに短期コースに参加したあたりから息子の様子が変わりました。コツをつかんだのか、いきなり綺麗に泳げるようになり始め。進級テストではまさかの飛び級。

コーチからは「練習量を週2に増やしてくれれば今のペースで行くと7歳の誕生日までに4泳法整うでしょうから競泳コースも視野に入れて頑張ってもらえませんか?」的なコメントを頂きました。

以前のスクールでは学年ひとくくりで比べて(4月生まれも翌年3月生まれも関係ないという理論)年度の切れ目の3月に一律評価という感じでしたが、今のスクールでは月齢基準で評価。それぞれの子供の7歳の誕生月に評価をするそうです。そういう訳で誕生日がまだまだ先の息子には競泳コースへ入れる可能性があるそうです。このコメントがコーチの営業トークなのか(練習増える=月謝もUP)はたまた単純に息子に期待してくれているのか?入会するまでは知らなかったのですが、今のスクールも前のスクールと同じくらいJO(水泳の大きな大会)に出場できる子供達を育てているらしいです。

子供自身は水泳(というより「水」が)大好きなので、周囲の大人の誘導次第な気がします。週2回の練習は我が家に無理ではない練習量。問題はその先。競泳コースになると練習量が週4-5になるでしょうから.....それは勘弁かな(笑)前のスクールではあまり良い思い出がないので、調子にのってコース変更したものの、結局、練習についていけずに、再び傷つくような同じ思いはしたくないんですよね。

ただ、今のスクールは全国規模で展開している大きいところなので、グループ内(店舗対抗?)の大会が頻繁にあるようでそこに出させてもらえるように頑張るというのはアリだと思っています。(競泳コースに籍のない子供でも基準のタイムをクリアしていれば出場させてもらえる)小さな成功体験を積み重ねるのは良い事だと思う。

以前のスクールでは「落ちこぼれ」扱いされていたので、今回「見込がありそう」とコーチに言って頂いて「息子の今までの努力が少し認められた気がて嬉しい!!」そんな親バカな思いで、くだらないことを記事にしちゃいました。

小学校の生活にも慣れてきた様子なので、今後は練習は週2にするかもしれませんが、本気の競泳コースは無理でしょう。というのが今の私の考えです。

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村