レッスン週3回 お任せでもレッスン内容は先生によって三者三様

年長になってから英語の取組み時間が大幅に減りました。一番の理由は「幼稚園の保育時間後に、お友達と遊ぶ機会(時間)が増えた」ことです。子供ですしお友達と沢山遊びたいのは当然のこと。過ぎない程度に近所のお友達の家に行ったり、お友達が我が家に遊びに来たりしています。

最近は、私から息子への英語での語りかけはほぼ無くなりました。今では「英語はお勉強」という位置付けとなっています。七田のプリントと同列です。会話に関しては週3回のレッスンの先生頼みです。レッスンは現在web週2回・プライベート週1回。どこも先生お任せ状態ですが先生がチョイスされる取り組みがそれぞれの方で全く違います。

===web===

web①の先生 フリートーク&リーディング (レッスン時間 25分/1回)
25分のうち15分ほどがフリートークで10分ほどをリーディングに。教材はwebのstarfall.comから

web②の先生 グラマー  (レッスン時間 30分/1回)
お教室の子供用の教材がよくできていて、小さい子供にも文法の練習ができるようになっています。もちろん、5歳の息子には理論や理屈を説明しても理解できるわけではなく。とにかく例題を沢山こなして、繰り返していく中で子供自身に法則を自分で見つけてもらうか、沢山ある例題・例文を丸暗記してもらう方法。同じ教材を使用していても、小学生3年生~中学生くらいだと、日本語での説明を混ぜてもっと効率的に進められると思います。息子は現在、加算名詞・不加算名詞から始まってmuch/many/few/littleの使い方。をここ1ヶ月くらい集中的にやらされてます。

親としての感想はwebの先生(フィリピンの方)はハードル高めに設定から反応をみて、ダメそうならレベルを下げるスタイル。親目線ですと「そのハードル高すぎませんか?」と感じられる設定なのですが、実際やらせてみると息子が頑張ればできなくもない。という現状。やらせてみればこんなこともできるのか?と毎回驚かされます。ただ、息子にとってはストレス満載のレッスンのようです。内容が難し過ぎると、息子は「ソレは難しいからやりたくない」とはっきり先生に自分で申告するのでそのような時は、先生の判断で先に進めず復習だけにするか、フリートークにするか臨機応変に対応してもらってます。日本人の先生だと、確実に出来ているところから始めて褒めて褒めて徐々にハードルを上げていくというスタイルが多いので四苦八苦している息子を傍らで見ていていつもドキドキします。

===対面レッスン===

プライベートの先生 遊び(2/3)&テキストレッスン(1/3)
(レッスン時間 50分/1回)

こちらは、お預けした絵本やテキストブックを使用してレッスンを進めて頂いているようです。ですが着座でのテキストレッスンは恐らく10分程度の取組みのようです。あとはフリートークというか、先生と歌ったり、ゲームをして遊んだりしているようです。そろそろ都度払いをやめて正式に入会してお月謝制でお願いしようかと思っているのでその際に先生にレッスン中の様子を詳しく伺おうかと思っています。


にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

theme : 英語de子育て
genre : 育児

検索フォーム

プロフィール

☆masyaまま☆

Author:☆masyaまま☆
2007年生まれの息子がいます。私は英語は全然話せません。始めたからには(細くも)長く続けよう!を目標に親子英語を楽しんでいます。

カレンダー

09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ランキングに参加してます

英語育児お役立ち情報満点!にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

月別アーカイブ

masyaのお気に入り

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

RSSリンクの表示

FC2カウンター