2013/09/05

リアルレッスンを試行錯誤している間に

リアルのプライベートレッスンの先生とすったもんだしている4ヶ月程の間に、WEBレッスンをなんとか受講できるくらいの落ち着きが息子に出てきました。もともと価格的にもリーズナブルで送迎不要のWEBレッスンが第一希望。ですが、息子が落ち着きなくWEBレッスンですと常にフレームアウトな状態なので、リアルな先生を求めてここ数ヶ月間試行錯誤していた訳で。

ホント拍子抜け。この4ヶ月間とそれに費やした費用と私の心労は???

私の勉強用(息子に英語を教える為)に購入していたWEBレッスンのチケットが期限内に消費し切れなさそうなのでお試しで息子のレッスンに回していたのが始まり。

とはいっても、他のお子さんのように、きちんとしたレッスンではない。勝手にしゃべるし、先生の問いに言葉ではなく体で表現して答えたり(踊りだす)でも、以前のように完全にOUTというレベルではない。はたから見ていてギリギリ、先生とのやり取りが成立している風には見てとれる。レッスンというよりは完全におしゃべり。チャットだ。

5-6月は月に1回だったのが(その時点ではまだ落ち着きがなく無理と判断)8月には週2ペースでコンスタントにこなせるようになってきた。もちろん、内容はまだまだ。とてもレッスンとは呼べない。先生が息子の扱いに慣れて来てくれたので、次第に25分の間に1つくらいは、お勉強らしいやり取りが出来てきている。

先生からは「masyaは英語をセンテンスで話す事ができるので、英語に触れる時間を増やすとグンと伸びると思う。レッスンとレッスンの間隔を短くしてみたら?。

というコメントを頂いてます。つまりは、もっとレッスンを取ってね。ということなのでしょう。が、先生、息子のレッスン中に息切れとかしていて(息子につきあってテンションを上げてくれている).....助言通り、レッスン数を増やして、先生本当に大丈夫かなぁ?迷惑じゃないかしら?というのが隣でレッスンの様子をうかがっている親の本音です。

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
スポンサーサイト