FC2ブログ
2011/07/25

七田プリントA ~開始から3ヶ月経過 現在プリントA-2やっと終了~

七田プリントA!!!!なんとか続けてます。細々と。

過去記事はコチラ

前回の記事から1ヶ月。やっとこさA2を卒業しました。遅いなぁ~進みがでも、masyaはヤル気満々で頑張ってくれてます。本人的にはかなりできているというか、頑張れている気でいるらしく、達成感に溢れています。

実は、A2の最後に超簡単な点描写の問題があったのですが、それにつまづいてました。あまりに簡単すぎるのになぜできないのか、最初はかなり私も苛つきモード全開だったのですが、あまりにできないので最後には、

私:「これは貴方には難しいね。無理なら今日はやめてもいいよ。また明日やろう。」

ところが、masyaが粘る。結局、キチンとはできなかったのですが、本人的にできたと思える形になるまで諦めませんでした。

  その間30分

首をひねって、爪を噛んで必死に頭を悩ませてました。

問題は点が4つしかないもので、見本をみて、見本の隣のマスに□や△を点と点で結び合わせて描かせるものなのですが、どうやら、図形を描くよりも、見本の点の位置と自分が描くマスの点の位置を一瞬で見合わせるというか、見分けることが難しいようです。たった4つしかないのに。

私がそこに気がつくのにかなり時間がかかりました。

最終的には、見本と解答欄と両方の点に、同じ位置にそれぞれ同じ色を(4色)つけてあげました。すると秒殺です。あっという間に正解へたどり着きます。

うーん。意外な事が難しいのね~。この点描写というか、点の位置を認識させる能力を鍛えるのってどうしたらいいのかしら?最近はあまり登場してないけど、紐通しのを遊びに組み込んであげたりとかするといいかしら?最近登場してないけど、購入済みのこれも地道にやらないと駄目ね。でも、なぜあまり登場させてないかというと、masyaがこれであそぶの嫌がるのよねぇ。多分、不得意分野だったんだなぁ。と改めて思います。なんとか工夫して時々でいいから取り組めるようにしよう。

不得意分野に関しては、とにかく練習するしか克服方法はないと思うので「できる」ではなく、「取り組む」「手に取る」を目標にしてみよう

「お受験」から生まれたちえむすび (絶対のばす脳育キット)「お受験」から生まれたちえむすび (絶対のばす脳育キット)
(2009/07)
不明

商品詳細を見る

家で使用している↑はアマゾンではもう、マーケットプレイスでしか取り扱いがないみたいです。アマゾンになくても紀伊国屋などの書店でも扱っていると思います。最近は紀伊国屋などの知育コーナーで「幻冬舎エデュケーション の 絶対のばす脳育キットシリーズ」よくみかけます。似たような感じの商品は他にも沢山あると思うので(百貨店のおもちゃ売り場の知育コーナーなどでよく見かけます)気になる方は色々捜してみて下さい

似たような商品に↓
創絵ボード 点と線創絵ボード 点と線
(2007/12/10)
エド・インター

商品詳細を見る


ひももようひももよう
()
ピグマリオン

商品詳細を見る


ピグマリオンの教材つながりでお勧めなのがこちらの本↓。ママが簡単な工作て教材を作ってあげて、子供に家庭でさんすうの概念の基礎を教える方法が載っています。2歳となってますが、根本的な数や量の概念をどのように幼児に認識させるのかが書いてあるので3~4歳のお子さんにも有効だと思います。

2才児のさんすう2才児のさんすう
(1996/09/05)
伊藤 恭

商品詳細を見る


↓励みになります!
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

育児ブログ・ランキング【年齢別に人気ブログが探せる】
スポンサーサイト