検索フォーム
プロフィール

Author:☆masyaまま☆
2007年生まれの息子がいます。私は英語は全然話せません。始めたからには(細くも)長く続けよう!を目標に親子英語を楽しんでいます。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
ランキングに参加してます

英語育児お役立ち情報満点!にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

応援頂けると励みになります

ブロとも申請フォーム
リンク

このブログをリンクに追加する

 
04/30(Sun)

塾は...通っているけど.....  (小4)

外部模試はこの半年で2回ほど受験。成績は横這い。つまり通塾前と変化なし。

しかしながら、学習のペース作りには良い機会にはなってます。塾では国語しか授業は取ってませんが、算数・理科・社会もテキストは購入させてもらい、算数は塾の進度と同じペース。理科・社会は学校の進度に合わせて自宅学習。

塾のお友達はほとんどが「算国」両方受講していて、理社も自宅でそれなりに勉強しているのを息子も知っていて、それと同じくらいは勉強しなければいけない、とも思ってもいるようで、算・理・社も塾のテキストは渋々ながら嫌がらず取り組んでくれます。

つまり 「学校の宿題+塾のテキスト」はキチンと履修しなければいけない。という認識が息子に芽生えた事が、通塾させて良かった点かつ、通塾を継続させている理由。

さらに言えば、塾(進学塾)で息子と同じクラスの他の生徒さんは

・真面目
・穏やか
・外遊びよりも読書派
・勉強するのが楽しい&喜び

イヤイヤ勉強している&親に言われて仕方なく通塾させられているというお子さんがおらず、勉強に対して前向きなお子さん達ばかり。息子はソコにかなり衝撃を受けたようです。息子の通う学校は勉強に関してはおおらかというか、のんびりした校風なので、他校はチョット違うというのを感じたらしい。

それに加えて、学校の小テストや単元テストが、じわりじわりと上がってきていて、息子は「塾に通っているから学校のテストでいい点が取れている!!」と思っているらしく通塾には前向き。この勉強に対する前向き意欲が通塾によりキープできるなら成績は長い目でみて、後からついてきてくれればいいかなと思っています。

息子の場合は、こんな感じのボンヤリとした通塾です

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

いつも訪問くださってありがとうございます。

スポンサーサイト
 
05/05(Fri)

スタディサプリ始めてみた (小4)

なにやら、お得なキャンペーンをしていたので(初月分無料 + amazonお買物券2000分プレゼント)お試しで入会しました。(私が見たものは 5/10 までのキャンペーンでした)

最初はお試しだけで、すぐさま解約するつもりでしたが、使い勝手がとても良かったので継続利用することにしました。現時点で利用しているのは、主に理科ですので今回は「小4理科(基礎)を受講してみての感想です。」

スタディーサプリ小学生は各科目ともに、基礎と応用に分かれています。基礎に関しては、概ね教科書の内容。

理科の先生はとても優しい語り口調で、一方的な講義スタイルの授業ではなく、聞き手の子供の様子を伺いつつな雰囲気を醸し出ての授業動画。息子も先生の「どうですか?できましたか?」とか「君はどう思うかなぁ?」とかの問いかけに元気に答えつつ受講というか視聴。もちろん、元気良く答えたところで動画は息子の発言はスルーで進んで行くので、息子はイチイチ動画を一時停止をして私に自分の意見や考えを主張しに来る。これが、ちょっと面倒くさい。けど、講義の内容をしっかりと聞き、先生が考えろと言えば考える息子。なかなか良い流れ。

意外だったのが、授業動画用のテキスト(確認テストと回答欄含めて約140P)が結構しっかりとした内容であった事。PDFでダウンロード→印刷できますし、製本されたものを購入することもできます。さっと見た感じ、学校のテスト対策としては十分。要点を抑えられていて学習しやすい内容になってると思います。

「学校での授業をしっかり受けて→スタディサプリの動画授業+テキスト付属の確認テスト」これらをしっかりこなせば、小学校のテスト準備としては申し分ないと感じました。

我が家は理科・社会は塾のオススメのテキスト(教科書レベルのもの)を購入してしまっているので、授業動画のテキストはではなく、塾のテキストを使用予定。4年生の理科は「スタディサプリ視聴→塾テキストで演習」で行きます。

3年生の理科・社会は、子供から学校での授業の進度や内容をヒアリングして、その上で学習内容を子供に説明しながら問題集(市販テキスト社会市販テキスト理科)を解いてもらう。という流れだったのですが、スタディサプリの登場で「親が説明しながら」の部分を動画にお任せすることにしました。

ポイントは学校のテスト前までに「動画視聴→テキスト演習」を消化できるかどうか。そう考えると、ある程度は学校の授業進度を親が気にしないといけませんね(;^_^A

ゆくゆくは、学習計画も子供自身で立てられるようになって欲しい。

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

いつも訪問くださってありがとうございます。
 
09/19(Tue)

スタディサプリ 継続しています(小4)

GWからはじめたスタディサプリ。息子とは相性が良いらしく継続しています。最初は理科・社会目当てで入会したのですが、今は算数・国語も利用しています。

算数
塾の模試対策として。塾では国語のみの単科受講。だけど、模試は強制受験で2科(算国)。学校の授業と模試範囲がだいたいズレているので、学校で習ってない単元が試験範囲に入っている場合は、ソノ部分をスタサプでカバーするようにしています。とはいえ、動画の授業を視聴させて、スタサプのテキストの練習問題をちょっとさせる程度なので、模試の結果はあまりよくありません。ですが、学校の授業の補完には絶大の効果を発揮しています。

利用しているのは<基礎>だけではなく<応用>も。学校のテスト対策であれば基礎で十分。応用はかなり手ごたえがある内容。(私国立校受験の方に、足りる内容かどうかはわかりません)息子は受験組ではいので、息子の塾テキストの内容と比べると、スタサプ<応用>の方が難易度高いです。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*

国語
息子は「説明文」が苦手なので、長文読解の「説明文」の部分のみ時間があるときにやらせています。一度、応用部分をやらせてみたら、まあまあ出来ていたので、そのまま<応用>だけをやらせています。応用は基礎に比べると、文章が少々難解になっているので、主目的としては、朗読素材としての使用。息子は読書をあまりしないので、教科書以上の文章に慣れさせる意味で敢えて<応用>文章を朗読させています。授業動画中に、先生が本文を朗読&解説してくれるので、朗読素材としては重宝しています。授業を視聴させた後に、子供に何度か朗読させてから次の動画へ進みます。

自分で問題を読む&設問を解く→授業動画視聴&答え合わせ→1週間かけて本文を3-5度ほど朗読

ペースは2週に1講座くらい。そんなに多くは取り組めていません。というか時間が取れないというのが実情。難しい文章にも触れておくという程度の取り組みです。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*

国語は長文読解分野しかみていないのであまり感じませんが、他教科に関しては、授業はとても良く出来ているので、それを定着させるためにもう少し確認問題(授業の復習のための演習問題・動画の解説外)の量があればありがたいと思います。とはいえ、演習問題集を別販売だと、そんなに売れないのかなぁ。

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

いつも訪問してくださってありがとうございます。
 
HOME
 
月別アーカイブ
masyaのお気に入り
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

RSSリンクの表示
FC2カウンター