もはや親子英語ではなくなった? (前編) (7歳)

親子英語的な要素を残しているとすればDVDやテレビ視聴の半分以上が英語のものである事。ぐらいかな。

英語で語りかけもしてないし、かけ流しも激減したし。絵本の読み聞かせもしなくなったし。本人からの読書は皆無(日本語も含めて読書はあまり好まない)学校の朗読の宿題程度の英文を読むのみ。(読書をあまり好まないのは日英両方とも。本が嫌いなわけではないらしい。読むのがメンドクサイ。らしい)

当然、発話が減った。原因が「語りかけ」をしなくなったからなのか「かけ流し」量の激減なのか、それ以外の要因なのかは不明。幼稚園時代でも私の「語りかけ」の量はたかが知れていたけれど「かけ流し」に関してはスイミング週3-4回に車で往復2時間程かけていたので、その時間が丸々かけ流しタイムだった。なので、個人的には「かけ流し」の激減が要因として大きいかなと思っている。

いまは「かけ流しだった」時間がDVD&テレビ視聴だったり、習い事だったり、宿題だったり、遊び時間なりに化けた。ウチの場合はDVD&テレビ視聴は地上波の無料のものを中心にしていたので、有料で厳選されたものを選んでしていたかけ流し素材の方が良質だったんだと思う。レベルもテレビ&DVDに関しては放送されているものを与えているので適正ではなかった。子供が好むものでないと見ないので質より子供の好み重視。車内でのかけ流しは、チャイルドシートで拘束されている子供に選択権を与えずこちらが勝手に流していたので質を確保できた。この、週に3-4時間の差が積もり積もっての結果なのだろうか?小学生に上がると、スイミングに週5-6回(競泳コースだとこの位は通わないといけない)は息子もそうだが私も無理(送迎が)。だからその点は仕方がない。

かけ流しはともかく、語りかけは私の英語力がもっとあれば是非、取り入れたいのですが出来ないものはしょうがない。子育ても7年を過ぎると「仕方がない」と割り切ることもメンタルの平穏を保つために必要。私の場合はそうでないと継続できない。「他のママさんはこんな事をしてあげている。あんなことをしてあげる事ができる。なのに私はできない」と思ってしまうと........子育てが本当にツラくなってしまう(-_-;)

すいません。脱線しました。続きはまた後日。

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

いつも訪問くださってありがとうございます。
☆カテゴリー欄を整理中の為只今閉じております 整うまで暫くお待ち下さい☆
スポンサーサイト

theme : 英語de子育て
genre : 育児

字が汚い (7歳)

息子の最大の弱点「字が汚い」こと。

これは、国語のほとんどが漢字学習であるという低学年時期においては致命的。
書き取りの練習はかなりさせているのだけど、まったく上達が見られない。

漢字がかけないというより、直線が引けない。直角が描けない。もうそういうレベル。基本の部分。例えば「口」が書けないというより描けない。直線がグニャとなっている。ひらがなのときは気がつかなかったのだが、漢字になるとつくづく思う。もう、これは運筆から訓練するレベルなのだろうか?小学生になるまで、ほとんど鉛筆を握らせなかったのが敗因なのだろうか?息子はお絵かきもあまり興味を示さず、クレヨンなども家では握ることがほとんどなかった。


私の親しい友人のお子さんは小1から塾に通ってらして「小1で週1+アルゴ」・「小2で週2+アルゴ」・「小3で週2+アルゴ+模試」と聞いている。模試の結果もかなり良いそうで、友人は息子にもその路線を勧めてくるのですが「費用面・子供の性格・子供の成長速度(塾の授業を受ける集中力がない)・時間」すべての要素からして我が家には無理。フェイスブックで友人のお子さんの模試の結果や日々の学習の様子そを拝見するとかなり焦る。と、同時に冷静になる。

息子に友人のお子さんのような努力はできないし才能的にも......そして、私にも友人のようなプロデュース能力がない。

幼児英語なんぞをして、ちょっと英語を喋る息子をみると「うちの子、凄いんじゃない?」って親バカな気分になることもあるが、イヤイヤそれは幻だと気がつく。もっと言えば、ソノ英語もたいしたことないし(笑)

息子には、将来的には大学受験もして欲しい。親としては、経済的な理由により、できればソコソコの国立に行って欲しいわけで。でも、友人のお子さんのように、5.6歳のころから色々と積み重ねているご家庭のお子さん達と張り合うことができるのかな?と激しく不安になる。

「もっと勉強させた方が良いのだろうか?」との焦りもするが「まだまだ小さいのだから、勉強よりも遊ぶ時間や環境を用意してあげた方が良いのだろうか?」という地元の雰囲気も否定できない。両者の「~させた方が良いのだろうか?」が交錯する。どうすれば良いのか答えはみえてこない。

「小さい頃から塾通いをしている=遊んでいない・伸び伸び育っていない」ではないのは知っています。しかし、週2-3の塾通い+その他の習い事をしていて、さらに十分な遊び時間(+一緒に遊ぶ友達)を確保するのは親も子供もかなりな技量が必要。私には難しい。

現在の息子は、宿題+αくらいの勉強しかさせていない。それでも、息子にはハードルが高い勉強量だと側で見ていて思う。

いま、「字が上手に書けずに、幼稚園時代にもっと運筆などをさせとけば良かった」と思っているように、「友人が勧めてくれた通りに小さいころから塾にかよわせておけば良かった」と後悔する日がくるのでしょうか?

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

いつも訪問くださってありがとうございます。
☆カテゴリー欄を整理中の為只今閉じております 整うまで暫くお待ち下さい☆

theme : 英語de子育て
genre : 育児

字が汚い 改め 読めない字

息子の字は汚い。読めないくらい。解読不能。もはや暗号とも言えよう。
その件で今年も学校の担任の先生から電話を頂きました。

字が汚い→読めない(解読不能)→採点不能→最低評価

となるから注意して欲しいとのことです。

今、息子の学年は(小2)「視写」という宿題があって、15マスの国語のノート見開き(=300字)分の文章をそのまま「丸写しして書き取る」というものです。「長い文章を書くことに慣れる・段落・句読点・改行などの文章を書く上でのルールを学ぶのが目的」だそうです。お手本は毎週配布されます。

こちらは週1で毎週末の課題。月曜日に提出して、水曜日には評価されて返却されます。A+・A・A-・B+・B・B-・C+・C・C-・という内容で、「D」まであるのかどうかは謎。息子は下はCまで、上はA-まで。私には評価の基準がさっぱりわからず。推測でスト、まずは、文法的に文章がお手本通りに正しく書き写されているかどうかが最重要チェック項目。その次に誤字脱字。最後に文字が綺麗か汚いかも採点基準になっているようです。

採点がCのランクになると「再提出」らしく、再提出が与える打撃は息子には計り知れない。再提出となると、それなりに仕上げて提出させねばとプレッシャーがかかるので母である私にはかなりの負担。再提出は私が見張ってギリギリ締め上げながら書かせてるのでそれなりに仕上げて提出させているが、それも汚いと再々提出となるのだろうか?恐ろしい~(-"-)

ちなみに、先生から電話が掛って来たのはC-を頂いた日でした。

地道に書き取りの練習に使用させて頂いているのがこちらのサイト↓
ぷりんとキッズ
ちびむすドリル
(それぞれの姉妹サイトに運筆・塗りえ などがあります)

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

いつも訪問くださってありがとうございます。
☆カテゴリー欄を整理中の為只今閉じております 整うまで暫くお待ち下さい☆


theme : 英語de子育て
genre : 育児

子供がヤゴを学校から持ち帰りました (小2)

学校のプールにいるヤゴを採取する。という話はプリント経由で知っていました。しかし、自宅に持ち帰るとはプリントには書いていませんでした。親たちはヤゴは学校で飼うのだと思っていました。

ヤゴを持ち帰った後の親たちの慌てぶり(メール等)

ヤゴ何食べるの?

生きたミミズとかアカムシ(蚊の幼虫)だって

ゲゲー!気持ち悪い~

生きた餌って何処で売ってるの?

自然に還してもいいよね。育てるの義務なの?

そんな感じです。結局、高学年の男の子をお持ちのお宅が色々教えてくれました。冷凍や乾燥の餌でも大丈夫だが食いつきが悪いこと。生きているように見せかけて(食いつくまでヤゴに見える位置で箸などでつまんでユラユラ揺らす)与えないといけないのでテクニックが必要な事。などなど。餌もそのご家庭が購入した生きたアカムシを分けてもらいました。アカムシ生きたまま保存って気持ち悪い~!!!

アカムシはタッパに水をはり入れて(うちは2重の厳戒態勢)冷蔵庫の野菜室で保管。暖かいところに置いておくと育って蚊になってしまうから水はすぐに汚れてしまうので、2日に一度交換。餌の癖に手のかかる奴らです

実はヤゴは子供が持ち帰ってきて、すぐに死んでしまいました。

「残念だね、自然の生き物を家で育てるのは難しいんだよ。」

そう、子供を説得して学校へ行かせると........

新たなヤゴ(2cm程)を持参して帰宅しました。

なぜ? 



と言う訳で、いま、家にいるのは2匹目のヤゴ。
皆さんのお子さんもヤゴを持ち帰ってきましたか?
育ててらっしゃいますか?

うちのヤゴは1日アカムシ1匹のペースで餌をあげています。
皆さんのお宅のヤゴは1日どれくらい餌を食べますか?

ウチにやってきたヤゴは臆病でアカムシを投入してもすぐには食いつかず、暫く様子をみて、落ち着いてから食べているようです。「ようです」というのは、明るくしていると食べないので、食べているところを見る事が出来ず(-_-;)全く観察できない!!!!箸でアカムシをつまんでヤゴの近くまで差し出すも、すごくビビって逃げまどい。(あげ方が下手なのかしら?)

最初は箸から食べたのですが、一度、アカムシの反撃にあい、くわえたものの、暴れたアカムシにベシベシされ放してしまった(吐き出した?)という経験がいけなかったのでしょうか?それいらい、箸が見えても逃げまどいます。しょうがないので、ただただ、生きたアカムシを水槽に投入。それを遠巻きにジッと見つめるヤゴ。翌朝、水槽をのぞくとアカムシがいないので食べていると判断。数時間たってから食べるので水の汚れが早く2日に1回ペースで水を変えています。水は水道水を1日置いたもの。

皆さんのお宅のヤゴは餌や水替え、どんな感じですか?脱皮とかしました?
うちは、まだ脱皮もしていないので、どんな様子かコメント頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

いつも訪問くださってありがとうございます。
☆カテゴリー欄を整理中の為只今閉じております 整うまで暫くお待ち下さい☆

theme : 英語de子育て
genre : 育児

本は好きだが自分で読むのはメンドクサイ  (息子 小2)

息子、本当に読書が嫌いらしい。
とにかく読むのが遅く遅くてメンドクサイのが理由らしい。
「聞いて理解できるレベル」と「読める本」の差が激しい。

自らは進んで本を読むことはあまりないけれども、私が「一緒に読もう」と誘うと喜ぶ。一緒に本を読むといっても殆ど私が音読している状態。途中途中、息子に読むように促して、ちょっと自分で読んでもらう。息子自身が読むのは1/4程度で私が3/4。ほぼ読み聞かせの延長で息子自身の読書とは言えない。

補足すると、上記の状態は英語だけではなく日本語の本も同じこと。日本語の本も英語同様、私と一緒に読んでいる。自分が読みたい本だけ息子1人で読む。教育上、読んで欲しい本は私が読み聞かせています。息子が一人で読む本は「ゾロリ」だけ。

なんとか、読書をさせねばと一時期、ヤキモキしましたが、英語本に関しては、私が読み聞かせをする労力が途方もないので(一緒に読むのがキツイ)もう諦めました。息子は自分で読むのは嫌だが本の内容には興味深々。読んでもらうのは大好き!!なようなので、読み手を私から朗読CDに切り替える事にしました。

邪道ですが、本と朗読CDが別売りのものに関しては朗読CDのみ購入して本は購入しない。本は、息子の体制が整ったら改めて購入していこうと思います。

==========
 
ヤゴはまだ家にいます。学校からもらってきた当初は、ほぼ透明色というか、擦りガラスのような色だったのが、脱皮後、中心部分が濃い緑色になってきました。大きさも一回り大きくなりました。餌は1日アカムシ1-2匹と食べる量も増えてきました。しかし、トンボになりそうな気配がまったく見られず。まず、見た目がまだ完全に初期のヤゴだ。あと数回脱皮が必要そう。まだまだ先は長そう(><)

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

いつも訪問くださってありがとうございます。
☆カテゴリー欄を整理中の為只今閉じております 整うまで暫くお待ち下さい☆

theme : 英語de子育て
genre : 育児

検索フォーム

プロフィール

☆masyaまま☆

Author:☆masyaまま☆
2007年生まれの息子がいます。私は英語は全然話せません。始めたからには(細くも)長く続けよう!を目標に親子英語を楽しんでいます。

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ランキングに参加してます

英語育児お役立ち情報満点!にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

月別アーカイブ

masyaのお気に入り

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

RSSリンクの表示

FC2カウンター