スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2歳児と一緒に古都!鎌倉☆彡 ①

あじさいを見に鎌倉に行ってきました。

旦那様と結婚してから神奈川県民となったのでまだまだ土地勘もなく、今までは全然気がつかなかったのですが、新居から鎌倉は近かった。

幼児に古都鎌倉はどうかね。。と思いつつ連れて行くも大ヒット!!なぜなら、

江ノ電があるから

あれは、すごいね。線路に玄関が接道(接線路)している家多数。家人は承知で住んでいるから構わないだろうけど、郵便とか宅急便の人は苦労しているのでは?

江ノ電は1日乗車券「のりおりくん」が580円。オススメです。

江ノ電のスポットは主に、「長谷駅から極楽寺駅のあじさい&トンネル」と「江ノ島周辺の路面を走るスポット」「海沿いも走る」というところ。

さて、散策ルートは

鎌倉→(江ノ電)→江ノ島駅下車して海辺を散歩&昼食→(江ノ電)→長谷駅下車して長谷寺

江ノ電はもちろん大喜び。先頭の運転士さん真後ろの席をgetできたので喜び倍増!!すごい興奮ぶりだった。家と家との狭い間を縫うように走るかと思えば、視界には広々とした海が広がり、アジサイの小路から続く幻想的なトンネルそして、車と並走する路面部分。オマケとして「鉄男君」たちが線路のあらゆるところでカメラを構えている。先頭の運転席後ろの最高席をgetした代償として、鉄男君たちのカメラに自らが収まってしまうのは諦めるしかないでしょう。

海は、「浜」と名のつく駅がいくつかありますが、長谷駅から5分程でも海岸までは行けます。

masyaの「初海体験」!!波打ち際へ連れて行き裸足にして足だけ、波につけさせてみました。

「コワイ」とmasya

海のスケールのでかさと波の押し寄せる感じが恐かったらしいです。くっっっ(-"-)残念。

↓励みになります!
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

育児ブログ・ランキング【年齢別に人気ブログが探せる】

スポンサーサイト

テーマ : 英語de子育て
ジャンル : 育児

2歳児と一緒に古都!鎌倉☆彡 ②

江ノ電に次ぐmasyaのhitは長谷寺。下手な公園よりも、子供受けはいいと思います。多彩な植物&花に庭園。それに池や庭の造形美。そして、お寺の歴史と仏像など。全体的におごそかな雰囲気も感受性の強い幼児期にはしっかりと伝わるようです。

長谷寺といえば!!「十一面観音菩薩」とにかく大きい。何メートルくらいなんだろう?
頭のうえにさらに頭が沢山あります。(「頭上に十一の顔があり全ての方向を見つめて人々を救済します。」という意味もあるらしい。正確にはも~と深い意味があるのだが、masyaに説明するにはそれだけでも過ぎるくらい)

masyaはとにかくその場のおごそかな雰囲気とその大きさと今までの常識外の造形美(頭の上に頭がいっぱいある)等など多数の衝撃で少々ビビり気味。

「あれは菩薩様。怖くないんだよ。みんなの事を救ってくれるお方なの。お顔をよ~く見てみて。やさしいお顔でしょ。」

と説明すると、masyaは菩薩様をまじまじと見て、「やちゃちい。」とつぶやく。そして、当然、菩薩様の頭の上にさらに頭というか顔があることが気になる。

「あれ何?あれ何?」とmasya

「全部の人を一度に見れるようにお顔が沢山あるんだよ。だから、隠れて悪いことをしてもちゃんと見えてるからね。もちろんmasyaがイイ子にしてたら、それもちゃんと見ててくれてるからね。」

イヤイヤ期がピークに達しているmasyaに釘を刺すのを忘れない母(私)なのでした。内容が難しいかなぁと思いきや、理解している様子。

拝観する際には、お手手をパチンとして観音様に一言「イイ子にしてます!!」とアピールしておりました。

あじさいの道へ向かう途中に、邪気(天邪鬼)を踏みつけている四天王の一体を発見。masyaは「この子なんで踏まれてるの~」とはまだ上手に喋れませんが、そのような事を聞いてきたので、「いたずらばかりしているからよ。ママもmasyaがオイタ(イタズラ)したら、おじさん(四天王)にお願いして、masyaを踏み踏みしてもらおうかしら?」と言うと、「No---way-------!!!!!masya、イイ子。イラナイ!!」と本気で怯えておりました。

その横には、菩薩様の実寸大の足形がありました。当然「コレナニ?コレナニ?」と質問してくるので、「菩薩様の足よ。大きいね~。」とmasyaの靴を脱がせて隣に並べて見せました。すると「乗る!乗る!」と自分の足で直接大きさを比べっこをしたがったので困りました。

あじさいの坂を上る前に、一休み。休憩所でアイスを購入。休憩所は高台から海を一望でき絶景。その日はちょうど外国人観光客のツアーが来ていたらしく、周囲の殆どが外人さん。またもや、いたずら心で、「masyaこんにちはして来て。」と外国人の輪の中にmasyaを放り込みました。

「ハロー!!」とmasya。すると「チャオー」と帰ってきました。。。。どうやら、イタリア人だったらしいです。外国人観光客ご一行にmasyaは大人気。(愛想がいいので)、イタリア語だったのでわからないのですが、「坊やの写真取っていいですか?」的な事を聞かれたので、「ドウゾドウゾ。」と言うと。私も一緒にバシバシ撮られしまいました。ぐぐっ。完全無欠のすっぴンなのに。。。お返しに絶景をバックに皆さまの写真を撮って差し上げました。とても大喜びでmasyaにキャンディーをくれました。ぐぐぅ。Masyaにチョコと飴はまだ解禁前なのにぃ。ご厚意なのでお受けして、その場でmasyaに飴ちゃんを食べさせてお礼を言いました。(食べ終えた後はその場で奥歯をグリグリ歯磨きしました。)

会話はできなくても外国の方に触れて楽しいと思うことがmasyaにとってはいい刺激だったと思います。国内で外国の方に会いたいと思うなら、実は「和」のスポットに行くとい良いです。結構、お茶とかお花とか合気道とか空手とかを習っている外国人は多いものです。ただし、質問攻めにされるので要注意。日本人なのに日本の事を答えられないとかなりがっかりされます。

あじさいは説明の余地なしでしょう。時期がビンゴ!!ただし、階段を登って降りてがキツイ。なにせ子供連れなんで。危ないのでおんぶで1周。そのあとはmasyaが自分で歩くというので、masyaに歩かせてもう1周。そして、さらにmasyaからの熱いアンコールで登りをmasyaが歩いて、下りがおんぶでもう1周。ワタシ、フトモモがパンパンです。5時を過ぎて、そろそろ閉庭(?)の時間ですから出てください~のアナウンスがかかり、敷地を出ようとするとmasya号泣「マダいる~まだイル~。」とmasya。。。。寺から帰りたくない2歳児ってどうよ((+_+))仕方がないのでおんぶをするとそのまま昼寝までされて(涙)死ぬ思いで帰路に着きました。

寺&神社系は祀られている対象のみならず、庭園なども丁寧に管理されていて、目に入るものすべてに縁というか由来というか意味があるので「なんで・なんで」期の子供を連れていくには結構いいかもしれません。母が都合の良いように教訓に結びつけやすいので(爆)

子供連れオススメ古都!鎌倉☆彡ですが、山坂がある場所が多いので、ベビーカーがないと連れて歩けないというご家庭には不向きです。だっこおんぶに自信があるか、子供がある程度自力で歩ける位になってからをオススメします。我が家は今回は私一人では自信がなかったので義母に手伝ってもらい「子連れで古都!鎌倉~女子供編~」にチャレンジしました。

↓励みになります!
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

育児ブログ・ランキング【年齢別に人気ブログが探せる】

テーマ : 英語de子育て
ジャンル : 育児

検索フォーム
プロフィール

Author:☆masyaまま☆
2007年生まれの息子がいます。私は英語は全然話せません。始めたからには(細くも)長く続けよう!を目標に親子英語を楽しんでいます。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
ランキングに参加してます
英語育児お役立ち情報満点!にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
月別アーカイブ
masyaのお気に入り
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

RSSリンクの表示
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。