検索フォーム
プロフィール

Author:☆masyaまま☆
2007年生まれの息子がいます。私は英語は全然話せません。始めたからには(細くも)長く続けよう!を目標に親子英語を楽しんでいます。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
ランキングに参加してます

英語育児お役立ち情報満点!にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

応援頂けると励みになります

ブロとも申請フォーム
リンク

このブログをリンクに追加する

 
01/20(Thu)

英語以外の取り組みも必要? (3歳2ヶ月) ~「お受験」から生まれたちえむすび (絶対のばす脳育キット)~

英語とスイミングに偏り過ぎている我が家。

なんとなくそういう流れになってしまったが、よくよく考えると別にお受験とかの予定はなくても何事もバランス良く取り組んでおいたほうが良いに決まってる。要は程度問題だと思う。

そこで、お勉強!!!!という程でもないが、遊びの延長でちょっと知育的なことにも少しずつ取り組んで行こうかと思うようになってきた今日この頃。

本当は「七田式」とか「家庭保育園(もう遅いが)」とかに憧れるのだが、当然、予算の関係で却下。公文の教材とか、なんとなくそれらしきものをちょこちょこ揃えてみて取り組んで行く予定。

第一弾として。指先運動の練習にでもと注文したのがこちら!!単純にバーゲンブックとして安売りしていたので飛びついただけなんですが(^^ゞ

「お受験」から生まれたちえむすび (絶対のばす脳育キット)「お受験」から生まれたちえむすび (絶対のばす脳育キット)
(2009/07)
不明

商品詳細を見る


内容物
・ボード(くまの形の穴があいているもの)
・紐2本(赤・緑)
・小指の爪程の大きさのビーズというかボタンというか、携帯ストラップの飾りのようなもの(2色16個)
・お手本カード(紐通し用17枚34問&ビーズ通し用17枚34問)

使用内容
・ひも通し
・ビーズ通し
・ひも結び

本は入っておらず、それに該当するのがお手本カードになるらしい。
紐はスニーカーの靴紐のようなもの。編み紐で先が穴に通しやすいように加工してある。

まだ、ビーズは出していないが、masya3歳0カ月。紐通しにかんしてはボードも紐も現在のレベルに彼にちょうどいい感じ。難し過ぎず簡単ではない。少し注意すれば操れるという感じ。

紐通しはお手本を見せて、自分で同じ模様を作るのが理想。でも、masyaにはそれはできない。紐を上手に通せるだけでというレベルなので(^^ゞ

現在の取り組み方としては

1.お手本カードをみせて「これ作ってみようね」と説明して
2.「此処にこっちからとおして」「そうそう上手!!」「じゃぁ次はここね」と誘導
3.完成できたら、カードと完成品を並べて「同じのできたね!上手!!」と褒めちぎる
4.後は本人の好きに、ボードと紐で遊ばせてあげる

説明書きによると、紐通しに関しては、幼児自らがお手本を見て、お手本通りに模様を作成する。第一段階としては表面がお手本通りになればOK。それができるようになったら、裏面に着目。最短ルートでお手本と同じ模様が作れるように子供が考えながら取り組むように指導しましょう。と書いてあった。

これは。。。。なかなかハードルが高い。

masyaには現段階ではお手本と同じ模様がどうとかいうより、紐を通すという指先の運動教材としてのみの使用。考えながら紐を通すというレベルには程遠い。そういう意味では長く使える教材となるのかしら?

こちらを購入して3週間が経ちますが、最初の1週間は毎日1回は「くまさんしようか?」と誘うと、好きそうでも嫌そうでもなくやっていましたが、1週間したら飽きたようです。またほとぼりが冷めたころにまた誘ってみようかと思います。一応、適応年齢が3~6歳とあるので、のんびり取り組んで6歳のお誕生日までにクリアできればいいかなぁ。というペースで進めていく予定です。

そうですね。満足度はバーゲンセールで定価の半額で購入したので☆☆☆☆(満点は☆5つ)。定価だったら微妙かな。商品としては良いものだと思いますが、masyaの心はまったく掴んでくれなかったようなので。

紐通しって、普通、子供は嬉々として取り組むものなんでしょうか?やっぱ母親がテンションアゲアゲでその場を盛り上げて、子供のやる気を上げてなんとか取り組むもんなんでしょうか?

やる気のない子供のテンションを上げるのって、私にとってはすごく大変な事なんですが。

ちなみにmasyaがお手本一つにママと合同で費やしている時間は5分~10分です。



ドッツというか「2歳のさんすう」細々と続けています。本当に細々デス。こちらもそのうち報告します。
2才児のさんすう2才児のさんすう
(1996/09/05)
伊藤 恭

商品詳細を見る


↓励みになります!
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

育児ブログ・ランキング【年齢別に人気ブログが探せる】
スポンサーサイト
 
01/25(Tue)

英語以外の取り組みも必要? ~はじめてのえんぴつ―2・3・4歳 (うんぴつ (1))~

現在、小学校1年生の息子さんをお持ちのお母さんから聞いた話です。

そちらのご家庭では、

習い事や知育というか、とくにお勉強的な取り組みは特に意識しておらず、小学校に入ってから徐々に親子で取り組んでいこう。

というスタンスだったそうです。そして、そのお母さんが子供を小学校に入学させて振り返って思う事。

鉛筆の使い方は教えてあげておいた方が良かったかも

と思うそうです。

読み書き・かず等は、あっという間にお友達に追いつけたそうなのですが、鉛筆を上手に操れない為に、授業のノートを取るスピードが周囲に追いつけないそうです。黒板を全部写しきる前に先生に消されてしまうそうです。

圧倒的に筆圧というのでしょうか?鉛筆を握る力が弱いそうです。現在、公文へ通い、運筆の練習等をされているそうです。

そのお話を聞いて、えんぴつやお箸を操るには、手先が器用というほかに、えんぴつやお箸を操る際に使用するであろう部分の筋肉の筋トレ(かな?)は必要だなと感じました。

そこで、英語以外教材として購入第二弾がこれ

はじめてのえんぴつ―2・3・4歳 (うんぴつ (1))はじめてのえんぴつ―2・3・4歳 (うんぴつ (1))
(2004/10/01)
不明

商品詳細を見る


全ページカラーで、贅沢&子供が喜んでカキカキしたくなる様な雰囲気になってます。

動物や植物のイラストがあり、最初は同じ動物や植物どうしを短い線で結ぶところからはじめます。次第に途中に岩などの障害物があるのでそれらをよけて動物や植物同士を線で結ばせたり、曲がり道あったり(くの字状にせんを引く練習)カーブしていたり。「トメ」や「ハネ」「平仮名に出てくるカーブ」「感じに出てくるカクっと曲がる線(口みたいな)」ものも想定しての内容になっていると思います。最終的には迷路のような複雑なものになっていきます。

写真を取って乗せられれば良いのですが、なにせPC音痴なんで(^^ゞ
余裕ができたら、パチリと取って、アップしたいと思います。

========================
2015/12/23 追記

こちらのHPもオススメです。
プリントキッズさん。
点つなぎや迷路など内容も盛りだくさん。フリーの教材なので沢山印刷して何度も練習ができます。

========================

↓励みになります!
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

育児ブログ・ランキング【年齢別に人気ブログが探せる】
 
01/26(Wed)

英語以外の取り組みも必要? ~さんかくいろえんぴつ~ (3歳)

昨日、紹介した「はじめてのえんぴつ」公文さんのHPにお試し版がありました。
おためしページはこちら
内容が見れるのはコチラ

そして、初めて握るえんぴつに我が家が購入したのはコチラ↓
公文さん以外にも三菱さんなど他からもさんかくえんぴつは販売されています。お値段は横並びなんですが(^_^;)

こどもいろえんぴつこどもいろえんぴつ
(2006/04/25)
くもん出版

商品詳細を見る


こどもえんぴつけずり 赤こどもえんぴつけずり 赤
(2009/04/27)
くもん出版

商品詳細を見る


さんかくえんぴつ。いいですねぇ。現在、うんひつのテキストは1日1~2ページほどのペースで進めています。最初はくれよんもえんぴつもグー握りだったのを、さんかくえんぴつを機に正しい持ち方を教えてみました。ひとさし指と親指でツマムというのが難しいみたいです。さんかく鉛筆を使い始めて5日程経つと、こちらがつきっきりで根気よく教えていると、それらしい握り方(完全には正しくない)というか、なんとか様になってきました。初日はグー握りではない持ち方にかなり抵抗があったのか、持ち方を直すと激しく嫌がったので、たった5日程でグー握りが卒業できたのが以外でした。ただ、やはり筆圧はかなり弱いらしく、ヒョロ~とした線がテキスト状を彷徨ってます。なので、使用し終わったテキストのページで最後にぬりえのような事をして遊びます。(^^ゞ

で、ちょっと気になってるのがこちら↓

いろのおけいこ―3・4・5歳 (うんぴつ (3))いろのおけいこ―3・4・5歳 (うんぴつ (3))
(2004/10)
不明

商品詳細を見る
公文さんのHPで中身がみれます)



ぬってみよう (くもんのファーストステップドリル)ぬってみよう (くもんのファーストステップドリル)
(2003/06)
不明

商品詳細を見る


もっといっぱいぬってみよう―2・3歳から (くもんのファーストステップドリル)もっといっぱいぬってみよう―2・3歳から (くもんのファーストステップドリル)
(2006/12)
不明

商品詳細を見る


すくすくさんかくくれよんすくすくさんかくくれよん
()
くもん出版

商品詳細を見る


↑さんかくくれよん。。。。欲しいけど、落書きされても簡単に拭いて落とせるものではないみたいだから壁とかに落書きされると落ちないんだよなぁ

公文さんのテキストばかりですなぁでも公文さんのまわしものではありませんので(笑)

↓励みになります!
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

育児ブログ・ランキング【年齢別に人気ブログが探せる】

 
02/02(Wed)

英語以外の取り組みも必要? ~くもん ステップアップジグソーパズル~ (3歳2ヶ月)

こちらは年明けかな年末かな?それくらいに購入して約1カ月使用中。

ステップアップジグソーパズル はたらくくるまステップアップジグソーパズル はたらくくるま
(2007/10/01)
くもん出版

商品詳細を見る

masyaにとっては初パズル。stap1から順に進めた方がいいのかどうか迷いましたが、step1を購入して瞬殺で終了してしまったら悲しいのでStep2から購入。もしstep2から初めてむずかしかったらstep1を購入すれば良いと思いました。

結果的にはstep2からの購入で問題なし。ただ、始めたての頃は少々てこずりましたが。

不思議なんですが、最初は全体を見ずに、凸凹の形だけをみてひたすらあらゆるパーツを試してみて偶然が重なって完成というスタイル。絵柄をさかさまに作成していても完成させてました。

何度か取り組んでいくうちにだんだんと一つの絵を作っているという自覚が出てきた様子。
次第に全体を意識しながら取り組んでくれるようになってきました。

step2は9P・12P・16P・20Pの4組が入っています。最初はたった9Pでもかなりてこずりました。なので2/3程完成させておいてのこりの3Pだけmasyaにはめ込ませたりと工夫をして取り組んでいました。

ステップアップパズルという名目のこのパズル。一つのパズルから次のパズルへステップアップする目安は説明書によると、「パズルが2分程度で完成できれば次のパズルへ進もう!」というペースみたいです。

9Pと12Pを同時に開封して、その時のmasyaの気分でどちらをやりたいか選ばせてというスタイルで取り組みを初めてから1カ月。絵柄とパーツの位置がある程度頭に入ったのか、9P&12Pの両方ともほぼ一人で2分以内に完成させることができるようになりました。

そこで、次のstep3へ進もうかなぁ?とも思うのですが、なんとなく心もとないので、stap2の別のシリーズをもう一つ購入して、再度9Pと12Pに取り組んでから16P&20Pに進もうかなと思い

ただいま注文中なのがこちら↓乗り物づくしですな
しんかんせん―ステップアップジグソーパズルステップ2しんかんせん―ステップアップジグソーパズルステップ2
(2005/08)
不明

商品詳細を見る


yahooオークションでも時々みかけるのですが、送料を考えるとそんなにお買得というわけではないんですよねそれだけ人気ということでしょうか?

パズルの追加購入に関しては公文さんの他にも10P位のものがいろいろあって、

例えばコチラ↓(両者ともに500円くらい)
10ピース いっしょにあーそぼっ! 27-16110ピース いっしょにあーそぼっ! 27-161
(2008/02/25)
アポロ社

商品詳細を見る


知育玩具の決定版! 10ピース ちっちゃなともだちDC-10-004知育玩具の決定版! 10ピース ちっちゃなともだちDC-10-004
()
テンヨー

商品詳細を見る


ちょっと悩んだのですが、「くもん」さんのシリーズは段階的に難易度が上がっていくし、趣旨が知育目的の教材なので、少々お高くても親的にはこちらが扱い易いだろうという結論のもとに「くもん ステップアップジグソーパズル」シリーズをチョイス。

ピースの大きさと厚みが3歳なりたてのmasyaの手にも扱い易くて良かったです。素材としては簡単ではないけど難しくもない。ハードル設定が適切だと思いました。

↓励みになります!
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

育児ブログ・ランキング【年齢別に人気ブログが探せる】
 
02/03(Thu)

英語以外の取り組みも必要? ~右脳+左脳ドリル~

2~3歳の右脳+左脳ドリル2~3歳の右脳+左脳ドリル
(2006/02)
市川 希

商品詳細を見る


ちょっと気になったので購入してみました。アマゾンのコメントでは簡単だよ的なものが多かったのですが。。。

masyaには不向きだった様子。

例えば、

いまから いう とおりに、いろえんぴつでかきましょう。
①ぱんださんのもっているおさらにあかいいろえんぴつで○をひとつかきましょう。
②りすさんのもっているいろえんぴつで△をひとつかきましょう。
(リスとパンダが皿を持っている絵がテキストにあります)

設問がきちんと設問してますねぇ。問題の内容自体はさほど難しくないのですが、設問の仕方が固いのでmasyaはこのドリルをすごく面白いとは感じない様子。このテキストを持ち出すと

「うわ。来たよ。勉強させられる~(=_=)」

という顔をします。

幼稚園などで入園テストなどがある場合はこのようなスタイルに慣れさせる為には準備として適していると思いますが、masya向きではなかったようです。

特にクレヨンや鉛筆の取り組み&遊びを今まであまりしていなかったので、設問の多くに、答えをみつけて指さしではなく、丸印をつけなさいというのがmasyaには上手く抱きないので嫌だったみたいです。

そう。でも購入してしまったのでなんとか使い切らないと

masyaのご機嫌がよさそうな時に、設問を書いてある通りに読まずに、例えば上記の問題であれば、

「masyaぁ。お絵かきしない?あのね。リスさんどこにいる?そうね。リスさんの持っているお皿にマルマル一つ書けるかな?」

答えをみつけて丸印を付けさせる問題は、指さしだけでOKにするとか。

という感じで進めています。(^^ゞそんなんでいいですかね?

内容的には、
①指示に従って何かをかかせる
②仲間探し
(いくつかあるものの中から同じ形・種類のものをあてさせるとか)
③数の認識(1~3くらいまで)
④仲間探し(かさ&ながぐつ のような感じです)
⑤大小の区別
⑥足りないもの捜し(鼻のないゾウ をみせて何が足りないか当てさせるとか)
⑦迷路のようなもの

などなど。さまざまな出題がありました。

私が購入したいと思っていたものとは違いましたが、(ネット購入だとこういうことありますよね)良い教材だと思います。折角購入したので、なんとか我が家なりに使い切りたいと思います。

一応、このドリルは知能(IQ)を伸ばすということをうたっています。本書によると環境次第で知能は良くも悪くもなる。適切な時期に鍛えてあげれば知能は伸びるという趣旨と私は読みました。

本書によると1日3問の取り組みで12日間で終了するカリキュラムです。

↓励みになります!
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

育児ブログ・ランキング【年齢別に人気ブログが探せる】
 
HOME NEXT
 
月別アーカイブ
masyaのお気に入り
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

RSSリンクの表示
FC2カウンター