FC2ブログ
2018/06/24

宿題・提出物・忘れ物

息子の学校は年度初めの懇談会に参加すると必ず、親が親自身の自己紹介をさせられます。
「◎◎の母です」+一言
一言は必ず要求されます。担任の先生への一言でもいいし、他の保護者の方へ向けての一言でもOK。

息子が小2になったばかりの懇談会の時。ある親御さんが先生へ宣言しました。
「持ち物・宿題・提出物は子供の自主性を育てるために、親は手伝わない・口出ししない。一切介入しません。問題があるようでしたら、先生が指導されるなり、子供と話し合うなりして解決してください。」

私には衝撃の一言でした。小2が親の助けなしに身の回りの事を全て一人ですべてできるのかな?と。ですが、そのような方針のご家庭は少なくなく、私が甘いだけなのかしらと悩んだりしました。

息子が小2・小3の頃は、私は介入しまくりでした。子供が帰宅したら、すぐさまランドセルを開けさせて中身チェック。「学校からの配布物・連絡帳」を出させました。そして、その場で、翌日の支度もさせていました。そうなんです、今もそうですが私は過保護なんです。改めないととおもいつつ、手や口が出てしまう。

小4の頃から、私がパートの量を増やし、徐々に目が行き届かなくなり、親がランドセルの中を確認するということは自然消滅的になくなりました。もちろん、私の目が行き届かなくなった小4の初めの頃、今まで親がかりだったものを子供一人でできるわけもなく4年生の1学期が終わる前日の夜、「提出物が全滅なので、通信簿はテスト点の割には良くありません。」という電話を学校の先生から頂きました。

当時、息子は宿題は家で毎日していました。ランドセルに入れているのを私は毎日目撃していました。しかし、息子は宿題ノートを先生に提出していなかった。

先生も、宿題提出が全くなく1ヵ月程が過ぎたとき、溜まった宿題を昼休みにさせようと宿題ノートを子供に開かせたとき全ての宿題がされていたのを見て脱力したそうです。私も、子供がやった宿題を提出していないとは知らなかったので衝撃を受けました。

当時の息子にとって、宿題は毎日キチンとしている。
それをわざわざ先生に見せる必要はない。
心の底からそう思っていたそうです。

息子には「クリスマスケーキ」「バースデーケーキ」「おせち」など期限後に納品されても意味がない商品などを例に挙げて、期限を守る(納期)ということは大人になって仕事をする上で最重要事項。期限を守らないと、仕事をしてもお金(代金)はもらえない。と期限を守ることの大切さを力説しときました。

小5現在の親の介入度は、時々、子供が寝た後にランドセルを覗く程度。提出物は完ぺきとは言えないけれど、ほぼほぼ期限までに提出できているようですが、教科書・ノート忘れなどは、ボチボチしている様子。

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

いつも訪問くださってありがとうございます。
☆カテゴリー欄を整理中です 整うまで暫くお待ち下さい☆
スポンサーサイト
2018/06/21

ネイティブ先生のレッスン  (小5)

ネイティブ先生のレッスンですが、5月・6月と不定期ながらも月2回ほどは受講できています。前日の夜や当日の朝に突然レッスン枠がopenになるので、こまめにチェックして予約を取得している状況。

若くて、モデル並みに美しい女性の方なので、息子メロメロのニッコニコでレッスンを受けてます。あー、男子には、この手もあるんだなという新たな衝撃。レッスン内容は、他の先生で扱っている教材のおさらいをしつつ、フリートークを織り交ぜてもらっています。

こちらの先生、ご家族にゲームをする方がおられるようで、息子のゲーム話について来れるのでフリートークも話題に困りません。フィリピン人の他の先生方とはゲーム話で盛り上がることはなく「masyaはゲームの話ばかりだね。外で遊んだりしないの?」と、いつも言われているのでそういう意味では貴重な存在。

ただ、レッスン枠を確保するのに久々の予約合戦に参戦しなくてはいけないので、その点が少々面倒。

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

いつも訪問くださってありがとうございます。
☆カテゴリー欄を整理中です 整うまで暫くお待ち下さい☆
2018/06/11

飼いネコとお別れ

今年19歳になる我が家の愛猫が永眠しました。

全盛期に比べるとだいぶ衰えていましたが、年の割には元気な子で、最近でもロフトに上がったり、見せ天井の梁の上上を散歩したりと高齢な割にアクティブ派。健康診断以外は病院にお世話になることがない丈夫な子でした。

亡くなる4日前位から立ち上がるのもおぼつかない足取りになってきたので病院へ連れて行くと、あと2-3日で老衰する。と獣医さんに宣言されました。体が楽になるように点滴をしてもらい帰宅。普段から猫にかかわっている親戚を呼び寄せました。

最期は大人に対しては全員の顔を確認する程度の挨拶でしたが、息子のことは長い間みつめていました。息子が生まれる前から家にいて、お姉さん的存在だったので息子の事が色々と心配だったのかもしれません。

高齢だったので、いつお迎えがきてもおかしくなく、ある程度の心の準備は15才を超えたあたりからしていたつもりだったのですが、結構つらいです。
2018/06/05

webレッスンで使用中のテキスト (小5)

小5になり、英語はweb(25分を週3-4回)レッスンとテレビ視聴のみ。
他教科の勉強やゲームに押され気味です。今回は、近況報告。

テレビ視聴

@D-life@
マーベル ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
マーベル フューチャー・アベンジャーズ

上記二つは、やはり、男子なチョイス。ただし、このレベルになると息子が英語でどこまで理解できているのか不明。日本語にしてとは言わないので、英語で見せています。

@地上波@

スポンジボブ
スポンジボブは、恐らく、以前も見ていたので息子の中では再放送なはず。(^_^;)飽きずに見ています。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*

Spectrum Phonics Workbook G2

2月から始めて夏休みまでには終わりそうというペースです。
英検で一番苦戦したのがwriting。文章を作成するというよりスペルミスに悩ませられました。基本的な単語の綴りと発音を再確認するためにphonics教材にじっくり取り組んでいます。webレッスンで使用するために、広く一般的なコチラのテキストを選択しました。

現在、phonicsレッスンをお願いしている先生が、発音には厳しめ対応の先生のため、かなりスパルタ指導をされています。ダイレクトに発音が良くなったとか、単語が書けるようになったという効果はまだありませんが、以前と比較すると単語一つ一つを大切に扱う姿勢がみられるようになりました。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*

Read and Understand with Leveled Texts, Grade 3

Evan-MoorのHPでサンプルが見れます。

1topicに「長文読解・文法・語彙・phonics」とバランス良く収まっているのでとても便利です。lexile level 480-710 長めな文章もありますが、単語・英文自体はシンプルで易しいので息子でも読み進められる内容です。

最初は文章の長さに圧倒されて苦戦していましたが、慣れてしまえば大丈夫。内容は物語中心で、子供の興味をそそる面白い話題ばかりです。使用方法としては、フィリピン人の先生に淡々と進めてもらい、ランダムに受講しているネイティブの先生に「長文(本文)」音読の練習をお願いしています。実はフィリピン人の先生にはネイティブの先生と音読のレッスンをしていることをお知らせしていないので息子が、この長文の音読だけが、ソコソコ上手な事を不可解に思っているようです。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*

Daily Science, Grade 2

Evan-MoorのHPでサンプルが見れます。

Daily Science, Grade 2についての、我が家での使用方法は過去に記事にしましたので詳しくはコチラをご覧ください!!


にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

いつも訪問くださってありがとうございます。
2018/05/28

今年は勉強以外の取り組みも

今年は年間を通じて活動する、公益財団法人横浜市体育協会が主催するマリンスクールに参加します。年間を通してだいたい月1の活動。そのうち宿泊体験が4回(通常は1泊・夏休みには4泊5日の宿泊体験)

体育協会が主催するだけあって、色々と厳しめ指導みたいです。子供が楽しむための活動ではなく、社会が求める人材を育成させるための活動らしいので子供それぞれにあった指導・活動というよりは、子供を団体基準に寄せてく感じ?事前の説明会からはそんな印象を受けました。

周囲のママ友に「マリンスクールに参加させる」と話したら、活動内容をすでにご存知らしく複数のママさんから「アレ、かなり厳しいらしいよ。」と言われてしまった。申し込み手続きを済ませてしまってから伺ったので、今更心配しても仕方がない。

息子は一人っ子。どうやら、私が過保護気味のようなので、親元から離れて集団行動を学ぶのにいい機会と思い申し込みをしました。中学や高校で運動部を選択しなかった場合、同世代の集団の中で揉まれるという経験をしないまま大人になるのも心配。我が家の常識が世間の常識ではないので、世の中の常識・マナーをこれを機に身に着けて欲しいと思っています。

ちなみに、公益財団法人主催なので、民間のキャンプ等と比べると手が届きやすい費用負担となっています。

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

いつも訪問くださってありがとうございます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。