検索フォーム
プロフィール

Author:☆masyaまま☆
2007年生まれの息子がいます。私は英語は全然話せません。始めたからには(細くも)長く続けよう!を目標に親子英語を楽しんでいます。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
ランキングに参加してます

英語育児お役立ち情報満点!にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

応援頂けると励みになります

ブロとも申請フォーム
リンク

このブログをリンクに追加する

 
10/11(Wed)

英検3級1次試験 受験してきました(小4)

受験前の過去問を解いた感触だと、下記の予想でした。

・reading-8割とれる
・listening-10割とれる
・writing-基準が分からず不明

それでも、writingが一番の壁と思い、そちらの対策ばかりしていたのですが、真の壁は「長文の内容・一致選択」でした。「長文の内容・一致選択」過去問を5年分くらい解いたのですが、本番はその中での最低点でした(-_-;)。後は概ね予想通り。writingは対策が効いていたのか、及第点はとれてると思われ....思いたい。

息子の自己申告により、解答速報より採点をしてみると、
・reading-6割得点できてる
・listening-不明(答えを控えてこなかった)
・writing-多分7割は得点できている?

マークシートを上手に塗りつぶすというのに一番苦戦したらしく、問題用紙にマークした記号を控えてこなかった息子。本人の自己申告通りであれば、listeningが今まで通りできていれば合格できているはず。もし、readingの不出来をlisteningでカバーできていなければ....あー。合格発表があるまでドキドキの日々をすごすことになる。

どうか、合格してますように。

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

今回息子は3級受験、小学生以下(と思われる)は教室が分かれていました。保護者も試験会場に入室可。(試験開始5分前に退室しなければなりません。)解答用紙を配布するのが、集合時間の約10分後(試験開始の20分前位)試験開始5分前までは子供のそばにいれるので、解答用紙の個人情報記入欄は保護者の代筆が可能でした。

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

いつも訪問くださってありがとうございます。
スポンサーサイト
 
09/27(Wed)

大切なのは繰り返し....愚痴です (小4)

スタサプや英語のwebレッスンで思うことは、受け身の授業では「理解したつもり」で終わっている事が多い。

レッスンで30分・1時間と机に向かって授業を受けていると、子供自身は、こんなに勉強した!!と達成感に溢れていますが、レッスン直後ですら、アレコレ確認してみると、だいぶ間違っている・教えてもらったばかりの問題が1人では解けないということが多々あります。復習をしないで次の動画やレッスンに入っても、勉強時間と達成感は得られても、定着率はイマイチ。

結局は、学んだことを身に着けるには練習問題を繰り返しするしかないんですよね。算数!!そして、漢字。英語も試験に関しては、同様ですね。英検の勉強をさせていて思いました。

でも、子供にとって一番苦痛なのは、1人で演習を繰り返すこと。だから、させようとしても、なかなかやってくれない。反抗期に入ってきたのか、日に日にその傾向が強くなってきてます。

勉強自体は、いやいやながらも、コチラが促せばするようになりました。「勉強しなきゃいけない」ということは理解しているみたい。でも、子供はスタサプなどの動画をみたりwebレッスンを好みます。受け身で楽なんでしょうね。例えば、前日にスタサプや塾やwebレッスンで習ったことの類似問題を「1人でやって」と渡すと、ものっすごく抵抗します。そこを、母の執念で子供をねじ伏せてやらせているわけですが(-_-;)もう、毎日、壮絶な親子喧嘩。

我が家は、中学受験するわけではないので、勉強は量もさほどではありませんし、難易度もそんなに高いものはさせてません。あーだこーだ言わずにするっとやれば30分で済む内容。

勉強しろと言われる→抵抗→説教される→抵抗→説教される→結局、勉強する

毎日毎日勉強を始めるまでに30分-60分親子の押し問答があります。勉強時間より説教されている時間の方が長い!!!!!!という現実。「結局、勉強する」までの時間と労力が無駄で無駄で不毛な日々を送っています。

もう、コッチ(母)の心が折れそうです。

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

いつも訪問くださってありがとうございます。
 
09/19(Tue)

スタディサプリ 継続しています(小4)

GWからはじめたスタディサプリ。息子とは相性が良いらしく継続しています。最初は理科・社会目当てで入会したのですが、今は算数・国語も利用しています。

算数
塾の模試対策として。塾では国語のみの単科受講。だけど、模試は強制受験で2科(算国)。学校の授業と模試範囲がだいたいズレているので、学校で習ってない単元が試験範囲に入っている場合は、ソノ部分をスタサプでカバーするようにしています。とはいえ、動画の授業を視聴させて、スタサプのテキストの練習問題をちょっとさせる程度なので、模試の結果はあまりよくありません。ですが、学校の授業の補完には絶大の効果を発揮しています。

利用しているのは<基礎>だけではなく<応用>も。学校のテスト対策であれば基礎で十分。応用はかなり手ごたえがある内容。(私国立校受験の方に、足りる内容かどうかはわかりません)息子は受験組ではいので、息子の塾テキストの内容と比べると、スタサプ<応用>の方が難易度高いです。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*

国語
息子は「説明文」が苦手なので、長文読解の「説明文」の部分のみ時間があるときにやらせています。一度、応用部分をやらせてみたら、まあまあ出来ていたので、そのまま<応用>だけをやらせています。応用は基礎に比べると、文章が少々難解になっているので、主目的としては、朗読素材としての使用。息子は読書をあまりしないので、教科書以上の文章に慣れさせる意味で敢えて<応用>文章を朗読させています。授業動画中に、先生が本文を朗読&解説してくれるので、朗読素材としては重宝しています。授業を視聴させた後に、子供に何度か朗読させてから次の動画へ進みます。

自分で問題を読む&設問を解く→授業動画視聴&答え合わせ→1週間かけて本文を3-5度ほど朗読

ペースは2週に1講座くらい。そんなに多くは取り組めていません。というか時間が取れないというのが実情。難しい文章にも触れておくという程度の取り組みです。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*

国語は長文読解分野しかみていないのであまり感じませんが、他教科に関しては、授業はとても良く出来ているので、それを定着させるためにもう少し確認問題(授業の復習のための演習問題・動画の解説外)の量があればありがたいと思います。とはいえ、演習問題集を別販売だと、そんなに売れないのかなぁ。

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

いつも訪問してくださってありがとうございます。
 
09/11(Mon)

3級 writing対策 (小3)

writing対策は、どうしたらよいのかわからないので、基本的にはスクールのレッスンを軸に進めています。先生にお題(予想問題?)を出してもらい、レッスン中に模範解答を作成して、次回のレッスンまでに丸暗記する。(スペルを覚えるために)という方法。

先生のお題はこんな感じ↓

What is your favorite Season?

What do you like to do on Sunny days?

What club are you in?

What is your favorite animal?

What is your favorite sport?


文章は作れるけど、正しく書けない(スペルミスの嵐)息子。

この練習を始めて、こちらが思っていた以上に単語のスペルをアバウトにしかに覚えていなかったのだと気が付きました。今までは、短くても文章を書けてたなと思っていましたが、辞書を使ってたもんね。

英検が終わったら、なんとかしないと。

もう、先生の予想問題が当たるかどうかに、全てが掛かっているといっても過言ではない。残り1ヵ月、とにかく頑張ろう!!

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

いつも訪問くださってありがとうございます。
 
09/04(Mon)

英検3級受験することにしました(小4)

読み書きが苦手な息子の現時点の等身大の実力は4級だと思います。3級は夏休みから特訓して、手が届くかどうか。今年度からWritingが導入されたのが大きな障害です。

そこで息子に相談。

・今回は4級を受験して次回3級にチャレンジする。
(8月から3級の準備は始める)

・今回は残念な結果になるかもしれないが、いきなり3級にチャレンジする

上記の2択。

・4級は今の時点で合格圏なので多分、合格すること。
・3級は次回(2018年1月)でも、合格するかどうかわからないこと。
・4級→3級と進めば、2018年1月に3級に失敗しても4級合格は残る。
・3級→失敗→3級の場合は、2回とも失敗したら何も残らない事。

などなどを、丁寧に説明しました。成功体験を積み重ねていくことも子供時代には大切なことなので、4級→3級と段階を踏んでいくのが順当で王道。しかし、夏休みを利用して、3級へ向けて猛特訓するのもアリだとも思える。

どちらが良いのか、結構、迷いました。が、勉強をするのも、受験をするのも、結果を受け止めるのも結局は息子自身。私は協力者ですが、当事者ではないので、息子によく考えて決めてもらうのが一番との結論に至りました。

息子は、イキナリ3級受験をを選択。

なぜなら......

ご褒美を制度 を打ち出したから。

うちは、クリスマスプレゼントは5000円相当としているのですが、英検3級合格したら「+1万円上乗せ」案を提案。失敗してもペナルティなし。(毎日努力することがペナルティなしの条件)そうなると、小4男子の思考は、チャレンジ1択らしいデス。

今のところ、 grammar部分は9割得点できています。readingが微妙で、長文との相性次第という感じ。第〇〇回の過去問だと9割得点。第××回だと2割しか得点できず。そして、writingは全く予想がつかず。文章は作れるので、スペルミスがどの程度減点されるのか次第だと思います。

あと、1ヵ月。もう、申し込みしてしまったので、できるところまで頑張ってみます。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*

英検のwriting対策は、英検の公式サイトを参考にしています。

Dr. Writeの英検3級ライティングテストに挑戦!(3級)

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
いつも訪問くださってありがとうございます。
 
HOME NEXT
 
月別アーカイブ
masyaのお気に入り
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

RSSリンクの表示
FC2カウンター